F1 トロロッソ ホンダF1 本田技研工業 ジェームス・キー
トロロッソのテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、ルノーからホンダにF1パワーユニットを変更したことに満足しており、長期的にホンダと優勝を狙える位置まで行きたいと語る。

トロロッソは、今年からホンダとワークス契約を締結。第2戦バーレーンGPではピエール・ガスリーが4位入賞を成し遂げている。

ジェームス・キーはホンダとの共同作業を楽しんでいると SpeedWeek に語った。

「とっくにハネムーンは終わっている。関係はさらに深まっているし、とてもうまく協力できている」とジェームス・キーはコメント。

トロロッソにとって、エンジンメーカーのワークスチームとして活動するのは今回が初めての経験となる。

「そこは我々が喜んで受け入れた挑戦だ」とジェームス・キーはコメント。

「我々はこれまでエンジンメーカーと密接に仕事をする機会は一度もなかった。我々はファクトリー・レーシングチームとしてより大きな責任を抱えている」

「単なるカスタマーチームとして状況とは完全に異なっている。ホンダは我々の希望のひとつひとつに応えてくれているし、サーキットでもやりやすくなった」

最近、トロロッソの姉妹チームであるレッドブル・レーシングが2019年からホンダとワークス契約を結び「レッドブル・ホンダ」が誕生する可能性が高いと報じられている。それが実現すれば、ホンダにとってトロロッソよりもレッドブルの方が重要度の高い契約になると考えられている。

それでも、ジェームス・キーは、トロロッソもホンダのF1パワーユニットで勝利することは可能だと考えている。

「他のチームは勝つことはできないとルールのどこかに書いてあるかい?」とジェームス・キーは語る。

「我々がトップチームたちに追いつくことも可能だと考えている。ちょっとした幸運があれば、表彰台も間違いなく可能だ」

「長期的には、ホンダと一緒にレースで勝利できる位置まで行けることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1