SUPER GT 富士スピードウェイ
2019 SUPER GT第2戦『FUJI GT 500km RACE』の予選が5月3日(金)、静岡県の富士スピードウェイ(1周4,563m)で行われた。

GT500クラスは、Q2で逆転したNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が、開幕戦に続き連続ポールポジション(予選1位)を獲得。GT300クラスは、No.56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(平峰一貴/サッシャ・フェネストラズ)がクラス1位となり、両クラスでNISSAN GT-Rがポールポジションとなった。

予選日は青空に富士山がくっきり望める好天に恵まれ、10連休の半ばということもあり、早朝からとても多くの観客が訪れた。SUPER GTの予選は、Q1とQ2の2回で行われるが、Q1で8位以内に入らないとQ2に進めないという厳しいノックアウト方式となる(GT300クラスはQ1の16位以内)。

予選Q1でGT500クラスのトップとなったのはNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rの平手晃平。レクサス系のチームでこれまで2度のチャンピオンを獲得しながらも、昨年はGT300クラスで走り、今季は心機一転でNISSAN系チームに移籍。早くも2戦目にして、その実力を見せる形となった。2番手には、この富士をホームコースとするレクサス系のチームで、一昨年のチャンピオンであるNo.37 KeePer TOM'S LC500の平川亮だった。

Q2では、時間いっぱいのラスト2周でアタック合戦が繰り広げられた。Q1を松田次生が5位で通過したNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは、Q2をロニー・クインタレッリが渾身のタイムアタックを決め、1分26秒871のコースレコードタイムを叩き出す。これに対し、No.37 KeePer TOM'S LC500(ニック・キャシディ)、No.12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹)もレコードタイムを記録するも、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rには僅かに及ばず。これで開幕戦岡山に続き、クインタレッリの連続ポールポジションが確定した。予選2、3位はNo.37 KeePer TOM'S LC500、No.12 カルソニック IMPUL GT-R。雨の開幕戦を制したホンダ NSX-GT勢では、予選4位にNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐)がつけた。

GT300クラスは、今季からGT500クラスに加えこのクラスにも参戦する近藤真彦監督が指揮するNo.56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが、Q1でサッシャ・フェネストラズが2位、Q2は平峰一貴が1位と快走を見せ、クラス参戦2戦目にしてポールポジションを獲得した。2、3位にはNo.25 HOPPY 86 MC(松井孝允)、No.5 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号(平木湧也)と、ガレージビルドのマザーシャシー車両がそろって入った。

決勝レースは明日5月4日の午後2時30分にスタートし、500kmに渡る長距離戦を行う。

GT500クラス
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
ロニー・クインタレッリ
「自分の中で富士の第2戦は、多くのファンが来てくれる特別なレース。そのレースでこうしてポールポジションを獲ることができて、とても嬉しいです。Q1で松田次生選手がいいペースで走っていたので、自分はQ2で『1分26秒台を出さなきゃいけない』と思いながらスタートしましたが、正直言って(26秒台は)無理だと思っていました。でもアタックを終えて26秒台が出たことを知って、自分ながら“凄いな!”と思いました(苦笑)」

GT300クラス
No.56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R
平峰 一貴
「Q2ではとても集中することができ、最高のアタックになりました。自分でも忘れていましたが、ポールポジションを獲ったのは、昨年の最終戦に続いて今回が2回目ですね。今年は移籍したので、その時とはチームも違うし、クルマも変わっていますが、チームがとてもいい状態にクルマを仕上げてくれました。チームの頑張りもあって(チームのGT300クラス)参戦2戦目でポールを獲ることができたし、本当に嬉しいですね」

2019 SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ 公式予選
Pos.No.CarDriverTireWHTime
123MOTUL AUTECH GT-R松田次生
ロニー・クインタレッリ
MI17kg1分26秒871
237KeePer TOM分S LC500平川亮
ニック・キャシディ
BS0kg1分27秒105
312カルソニック IMPUL GT-R佐々木大樹
ジェームス・.ロシター
BS11kg1分27秒289
43CRAFTSPORTS MOTUL GT-R平手晃平
フレデリック・マコヴィッキィ
MI8kg1分27秒323
516MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀
中嶋大祐
YH4kg1分27秒402
639DENSO KOBELCO SARD LC500ヘイキ・コバライネン
中山雄一
BS0kg1分27秒588
717KEIHIN NSX-GT塚越広大
ベルトラン・バゲット
BS0kg1分27秒690
838ZENT CERUMO LC500立川祐路
石浦宏明
BS3kg1分27秒756
96WAKO’S 4CR LC500大嶋和也
山下健太
BS0kg1分28秒308
108ARTA NSX-GT野尻智紀
伊沢拓也
BS20kg1分28秒351
1136au TOM’S LC500関口雄飛
宮田莉朋
BS2kg1分28秒457
121RAYBRIG NSX-GT山本尚貴.
ジェンソン・バトン
BS0kg1分28秒486
1324リアライズコーポレーション ADVAN GT-R高星明誠
ヤン・マーデンボロー
YH6kg1分28秒714
1419WedsSport ADVAN LC500国本雄資
坪井翔
YH5kg1分28秒838
1564Modulo Epson NSX-GTナレイン・カーティケヤン
牧野任祐
DL1kg1分29秒309


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: SUPER GT