スーパーフォーミュラ
2019年のスーパーフォーミュラ 第2戦の公式予選が5月19日(日)にオートポリスで開催され、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が優勝した。

午前中の予選は悪天候に関連した3度の赤旗中断によって誰もまともなアタックを行えないまま終了。だが、決勝スタート時刻となる午後2時には雨はあがり、気温19度、路面温度22度というドライコンディションでレースはスタートした。

1周目を終えた段階でミディアムタイヤでスタートした数名のドライバーがソフトタイヤに交換。さらにい3周目にダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)のストップによってセーフティカーが出動したことで他のドライバーもタイヤ交換を実施した。

それにより、ソフトタイヤでスタートしてステイアウトしたポールポジションの国本雄資(KONDO RACING)、関口雄飛、牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)がトップ3となる。

13周目に関口雄飛が国本雄資を攻略してトップに浮上。40周目にピットストップを実施するまで後続とのギャップを45秒まで広げて事実上のトップでコースに復帰。その後も2番手との差をキープして優勝。16番グリッドからの大逆転勝利で今シーズン初、通算6勝目を挙げた。

2位には予選でのクラッシュによって17番グリッドからスタートした山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、3位には12番グリッドからスタートした大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)が2017年以来となる表彰台を獲得した。

スーパーフォーミュラ 第2戦 オートポリス 結果
Pos.No.ドライバーチームエンジン
119関口雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULトヨタ
21山本尚貴DOCOMO TEAM DANDELION RACINGホンダ
38大嶋和也UOMO SUNOCO TEAM LEMANSトヨタ
465牧野任祐TCS NAKAJIMA RACINGホンダ
55福住仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACINGホンダ
664アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACINGホンダ
73山下健太KONDO RACINGトヨタ
837ニック・キャシディVANTELIN TEAM TOM’Sトヨタ
938石浦宏明JMS P.MU/CERUMO・INGINGトヨタ
1018小林可夢偉carrozzeria Team KCMGトヨタ
1150ルーカス・アウアーB-Max Racing with motoparkホンダ
1239坪井翔JMS P.MU/CERUMO・INGINGトヨタ
1336中嶋一貴VANTELIN TEAM TOM’Sトヨタ
1420平川亮ITOCHU ENEX TEAM IMPULトヨタ
1517塚越広大REAL RACINGホンダ
164国本雄資KONDO RACINGトヨタ
1751ハリソン・ニューウェイB-Max Racing with motoparkホンダ
1816野尻智紀TEAM MUGENホンダ
 15ダニエル・ティクトゥムTEAM MUGENホンダ
 7アルテム・マルケロフUOMO SUNOCO TEAM LEMANSトヨタ


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: スーパーフォーミュラ