アムリン・アグリ
スーパーアグリ・フォーミュラEチームは、イギリスの保険大手「アムリン(Amlin)」をメインスポンサーに迎え、アムリン・アグリとして新たなスタートを切ることになった。

チームは、鈴木亜久里をエグゼクティブ・チェアマンに迎えて2006年〜2008年にF1を戦ったスーパーアグリの名前でフォーミュラEにエントリー。懐かしい名前とカラーリングがモーターレース界に復活することになっていた。

しかし、今後はスポンサー契約によってアムリン・アグリ・フォーミュラEチーム (Amlin Aguri Formula E Team)としてフォーミュラEを戦うことを発表。新たなブルーのカラーリングを披露した。

アムリン・アグリの実質的な運営は、スーパーアグリF1時代にテクニカルディレクターを務めたマーク・プレストンと、チーフデザイナーだったピーター・マックールが指揮をとることになっている。

マーク・プレストンは「アムリンの専門知識と我々のレース経験は、強力なコンビネーションになるだろう。フォーミュラEは非常にエキサイティングで過酷なチャンピオンシップだ。だが、それは興味深い新たな次元をこのスポーツにもたらすと思っている」と述べた。

関連:フォーミュラE:アムリン・アグリ、キャサリン・レッグを起用

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: スーパーアグリ | フォーミュラE