ステファンGP トヨタ 提携終了
ステファンGPのゾラン・ステファノビッチ代表は、トヨタとの提携が終了したことを発表した。

FIAは、USF1の代わりにステファンGPを参戦することを拒み、2011年の残りのスロットのためのエントリー募集を開始した。

ゾラン・ステファノビッチは、トヨタの支援に感謝を述べ、彼らとの提携がもう可能ではないことを明らかにした。

「2010年に実現するのはもはや不可能だ」とステファノビッチは AUTOSPORT にコメント。

「我々は他の計画を考えており、様子をみるつもりだ」

「トヨタには非常に感謝している。素晴らしい会社であり、彼らは素晴らしい仕事をしている。現在、彼らは異なる事業体系となっており、それらはケルンのTMGにより多くの利益を集めるものだ」

ゾラン・ステファノビッチは、2011年に再びトヨタと働くことを除外してはいないが「現時点でそれについて話し合うつもりはない」としている。

彼らはまた、F1グリッドをまだ追い求めており、FIAと議論を続けるつもりだと付け加えた。

「我々は常に実現可能な解決策を探している。現時点では、何も準備する機会はない。現在、我々が近い将来に向かう方向性に目を向けているところだ」

「我々の意向は、FIAそしてプロセスを始めることであるが、決定するには待たなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ステファンGP | トヨタ