ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハ家の弁護士は、ドイツの法廷でミハエル・シューマッハが歩けないと証言した。

ミハエル・シューマッハ家は、昨年12月、1面の独占記事として、ミハエル・シューマッハが24時間体制で介護を担当している医療スタッフの助けを借りて歩くことができると報じた雑誌『Bunte』に対して訴訟手続きを取っている。

ドイツの雑誌に対する訴訟手続きにおいて、ミハエル・シューマッハ家の弁護士フェリックス・ダムは「彼は歩くことができない」と述べた。

ミハエル・シューマッハは、友人や家族とフランス・アルプスで休暇を過ごしていた2013年12月にスキーで転倒し、脳に重大な損傷を負った。ミハエル・シューマッハは、治療のために人工的昏睡状態に置かれ、2014年9月スイス・レマン湖畔にある自宅に戻った。

ミハエル・シューマッハが自宅に戻って以来、家族は彼のプライバシーを厳しく守り続けており、フェリックス・ダム弁護士の発言は、ミハエル・シューマッハのリハビリと回復に関する数少ない公式コメントとなった。

昨年『Bunte』の報道に対する声明において、ミハエル・シューマッハの長年のマネージャーであるザビーネ・ケームは「残念ながら我々は、最近の報道によって、ミハエルが再び動けるようになったという主張を説明せざるを得なくなった」と述べていた。

「このような憶測は無責任である。なぜなら、彼の負傷の重症度を考えると、ミハエルにとってプライバシーは非常に重要だからだ。残念なことに、彼らは多くの関係者に間違った期待を与えている」

関連:ミハエル・シューマッハの家族、虚偽報道のドイツ誌を告訴

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ