小林可夢偉
ペーター・ザウバーは、F1カナダGPでの小林可夢偉の不甲斐ないレースに怒りをみせた。

小林可夢偉は、F1カナダGPの1周目の最終シケインでバトルを仕掛けたが、結果的に縁石に乗り上げてジル・ヴィルヌーヴ・サーキットの有名な“ウォール・オブ・チャンピオンズ”にクラッシュし、レースを終えた。

「カナダではよくあることだが、今日はチャンピオンシップポイントを獲得できたはずだ。しかし、我々は獲得できなかった」とペーター・ザウバーはコメント。

「あまりに楽観的な動きによって、1周目の終わりに10位を走っていたマシンを失った」

レース後、小林可夢偉は「起きてはならない事がおきてしまいました」と反省を口にしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / 小林可夢偉