アンドレッティ、ザウバー/アルファロメオF1の買収を断念との報道
アンドレッティ・オートスポーツが、ザウバー/アルファロメオF1の買収を断念したと報じられた。これにより、少なくとも短期的にはアンドレッティがF1に参入することはなくなった可能性がある。

The Raceの報道によると、アンドレッティは、ザウバー・モータースポーツとその主要資産であるアルファロメオF1チームを所有するスウェーデンの億万長者フィン・ラウジングが所有するIslero Investmentsの80%の株式を取得を目指していた。

両当事者は、Islero Investmentsの80%保有の購入価格について合意したようだ。しかし、フィン・ラウジングは、スポンサーシップの潜在的な将来の不足に対抗するために、F1のグリッド上にザウバーの存在を保証するための5年間の5,000万ドルの支払いを求めたと伝えられている。

アンドレッティは、両当事者間の交渉の最終局面で出されたその要求に希望をくじかれたと考えられている。アンドレッティにとって、突然のこの条件は非現実的なものだった。

また、フィン・ラウジングは、必ずしも売却に乗り気ではなく、F1の将来の強気な見通しと、フランチャイズの価値がどのように高まる可能性があるかを考えると、Islero Investments がザウバーの資産を保持していることに完全に満足していると考えられている。

アンドレッティの関与は、インディカーのチームに所属するコルトン・ハータがアルファロメオF1の2022年のドライバー候補になるとの憶測につながった。

交渉の決裂によっては、2022年にアルファロメオF1でバルテリ・ボッタスとパートナーを組むドライバーに再びスポットライトを当てることになる。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2つ目のシートに3つの候補者の名前を挙げている。中国人ドライバーの周冠宇、現職のアントニオ・ジョビナッツィ、現在のF2チャンピオンシップリーダーのオスカー・ピアストリだ。

巨額の中国のスポンサーマネーをもたらすとされる周冠宇は、アルファロメオF1との1年間契約を結ぶ可能性が高いとされている。

オスカー・ピアストリは、育成契約を結んでいるアルピーヌF1によってリリースされる可能性は低いとされ、アントニオ・ジョビナッツィのパフォーマンスは、シートを維持することを正当化できるものではない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アルファロメオF1 / アンドレッティ