アルファロメオ ザウバー F1
ザウバーは、アルファロメオと複数年の技術的および商業的なパートナーシップを結んだことを発表した。2018年からアルファロメオ ザウバーF1チーム(Alfa Romeo Sauber F1 Team)として参戦する。

アルファロメオが、2018年からザウバーのタイトルスポンサーとして30年以上ぶりにF1に復帰することが決定した。ザウバーの2018年F1マシンにはアルファロメオのロゴが掲載され、最新のフェラーリ製パワーユニットが搭載される。

アルファロメオとザウバーF1チームのパートナーシップは、戦略的、商業的、技術的な提携を含め、エンジニアリングと技術ノウハウの交換を可能にし、F1を超えた2つの組織に新たな機会を提供する。

セルジオ・マルキオンネ (フィアット・クライスラー・オートモービルズ 会長)
「ザウバーF1チームとのこの契約は、30年以上ぶりにF1に復帰するアルファロメオ ブランドを再構築する重要な一歩だ。このスポーツの歴史を支えてきた物語で名高いブランドであるアルファロメオは、F1に参戦する他の自動車メーカーに加わる。ブランドそのものもパートナーであるザウバーF1チームの誰もが認める経験とともに技術的かつ戦略的なノウハウを共有することで恩恵を受ける。アルファロメオのエンジニアと技術者は、すでに新しく発売されたジュリアとステルヴィオで能力を実証しており、その経験をザウバーF1チームに提供する機会がある。同時にアルファロメオのファンはユニークで伝統的なスポーツ史におけるエキサイティングな新たな章を書いていくことを決めた自動車メーカーをサポートする機会を得ることになる」

パスカル・ピッチ (ザウバー・ホルディングスAG 会長)
「ザウバーF1チームにアルファロメオを迎えることを非常に嬉しく思う。アルファロメオはグランプリレーシングで成功の長い歴史を持っている。我々は国際的に有名な会社がモータースポーツの頂点に復帰するために我々と仕事をすることを選んでくれたことを誇りに思っている。自動車メーカーと密接に仕事をすることはザウバー・グループが技術とエンジニアリング・プロジェクトをさらに発展させる絶好の機会だ。アルファロメオ・ザウバーF1チームは大きな成功を納めることができると確信しており、長く成功したパートナーシップを楽しみにしている」

アルファロメオとF1
アルファロメオは、1950年に始まったF1世界選手権でニーニョ・ファリーアンが初代1位獲得者として名を刻み、初代ワールドチャンピオンを獲得するなど、F1で素晴らしい血統を持っている。1年後にはファン・マヌエル・ファンジオがアルファロメオでワールドチャンピオンを獲得している。その後、1969年から1979年にF1チームにエンジンを供給したあと、1979年から1985年までワークスチームとして戦った。F1での最後のレースは1985年のF1オーストラリアGP。110のグランプリに参戦し、10勝を挙げている。元々、スクーデリア・フェラーリは、アルファロメオのドライバーだったエンツォ・フェラーリがドライバー仲間とともに設立し、アルファロメオのセミワークスチームとして活動を始めたことが起源。1951年イギリスGPで、フェラーリのマシンが古巣アルファロメオを破りF1初優勝した際のエンツォ・フェラーリの言葉「私は母親を殺してしまった」は有名である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー