ザウバー F1
ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは、最近の買収劇の後、ザウバーが2017年のシートを探しているドライバーにとって魅力的なチームになったと考えている。

ザウバーは7月にロングボウ・ファイナンスに買収され、長年の財政不安に終止符を打った。

過去2シーズン、ザウバーのドライバーはマーカス・エリクソンとフェリペ・ナッセが務めてきたが、二人とも今シーズン末で契約期間は終了するとみられている。

2017年のドライバー決定に関して、上位チームの決定を待たなければならないかと質問されたモニーシャ・カルテンボーンは「我々にはオプションがあると思っています。我々はそれを検討していますし、安定性がある今、我々は魅力があると思います」

現段階でのザウバーのドライバーラインアップのプランについて質問されたモニーシャ・カルテンボーンは「2人のドライバーを起用することです!」とコメント。

「様子を見てみましょう。我々はそれを検討するプロセスにいますし、いつ発表できるか見てみるつもりです」

最近、フェリペ・ナッセは、ザウバーに対して、チームが前進し、さらに上位グリッドを争えるポテンシャルがあることを証明してほしいと述べている。

「決断する前に、自分が望んでいることを確認する必要がある」とフェリペ・ナッセはコメント。

「残留するなら、信じることができる何かをチームにはっきりと確認できる場合だ」

「チームを信頼しているし、昨年よりもさらに信じている。F1での初シーズンは本当に良いシーズンのスタートを切ったし、彼らの大変な時期も知っている。でも、重要なのは財政状況による開発に関連したことだ」

「僕たちは苦しんでいたけど、僕としてはまだここを信頼している。状況をまとめることができれば、良いパフォーマンスを発揮できる場所になるかもしれない」

一方のマーカス・エリクソンは、シーズン序盤のパフォーマンスを再び発揮することができれば、シートを保持できると確信している。

「シーズン前半と同じレベルのパフォーマンスを発揮できれば、良いチャンスがあると思っている」とマーカス・エリクソンはコメント。

「最後の数週間とは違うだろうね! その2週間を無視することができれば、それ以前の僕は本当に良いパフォーマンスを発揮していたと思うし、とにかくそれを維持する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー