ザウバー 小林可夢偉
ザウバーは、2013年のドライバーを確定させたようだ。現状では小林可夢偉はシート喪失との見方が強い。

スポンサーであるテルメックスが2013年もチームに留まることで、ザウバーはマクラーレンへ移籍するセルジオ・ペレスの後任として、同じくメキシコ人のルーキー、エステバン・グティエレスを起用すると予想されている。

小林可夢偉は、2013年もザウバーに残留したいのであれば、スポンサーを探さなければならないことを明らかにしている。

だが、もうひとつのシートに関して、ザウバーはすでにニコ・ヒュルケンベルグと契約したと広く思われている。

O Estado de S.Paulo は、ルイス・ラジアが来年のF1デビューについてフォース・インディアとマルシャと交渉していたと報道。

「僕たちはザウバーとも話をしていた」とルイス・ラジアはコメント。

「でも、ここ数日で彼らはスタンスを変え、もう可能性はないと述べた」

「彼らは2名のドライバーを確定させたということだ」とルイス・ラジアは付け加えた。

ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは、噂について沈黙を貫いている。

「我々が進む方向性についてアップデートを伝えるつもりはありません」とモニーシャ・カルテンボーンは Schweizer Fernsehen に述べた。

だが、元トロ・ロッソのドライバーであるセバスチャン・ブエミは、2013年のザウバーのシートの可能性が閉ざされたことは“残念すぎる”と述べた。

「でも、フォース・インディアのドアは開いているかもしれない」とセバスチャン・ブエミは Blick に述べた。

O Estado de S.Paulo は、2013年のフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグの後任として、ブルーノ・セナ、小林可夢偉、シャルル・ピック、、ジュール・ビアンキ、ギド・ヴァン・デル・ガルデ、さらにはパストール・マルドナドの名前も挙げている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | 小林可夢偉