ザウバー
ペーター・ザウバーが、モニシャ・カルテンボーンにザウバーのチーム株式の3分の1を譲渡したことが明らかにした。

モニシャ・カルテンボーンは、BMW撤退後の2010年にザウバーのCEOに就任。ペーター・ザウバーの後継者と目されている。

「2009年にBMWがF1から撤退した歳、モニシャ・カルテンボーンはチーム存続のために尽力してくれた。それ以来、彼女はCEOという立場で目覚ましい活躍をしている」とペーター・ザウバーはコメント。

「株式の3分の1を彼女に譲渡することは、私の目指す継続性の維持において重要な一歩を意味する」

「私の希望は、会社の長期的な存続を確実にすることだ。モニシャ・カルテンボーン、2010年にマーケティングディレクターとして加わり、取締役を務めている私の息子アレックス。この2人はその目的を理解してくれている。こうすることによって、我々は従業員の将来に前向きな展望を提供できる」

ペーター・ザウバーは、チーム株式の残り3分の2を引き続き代表が保持する。

モニシャ・カルテンボーンは、この譲渡の重要性を理解していると述べた。

「私にとってこの一歩は大いなる信頼の現れであり、その正しさを証明するためならばどんなことでもするつもりです」

関連:ペーター・ザウバー、モニシャ・カルテンボーンを後継者に指名

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー