モニシャ・カルテンボーン
ザウバーのチーム代表ペーター・ザウバーは、モニシャ・カルテンボーンを将来の後継者に指名した。F1初のチーム代表が誕生するかもしれない。

ペーター・ザウバー(68歳)は、70歳の誕生日前に引退する可能性をほのめかしている。

ザウバーでは、ペーター・ザウバーがチーム代表を務めているが、すでにモニシャ・カルテンボーンはCEOを務めている。

「私は常に70歳になったときにピットウォールに座っていないだろうと言ってきた」とペーター・ザウバーは Der Sonntag にコメント。

「私の後継者がモニシャ・カルテンボーンなのは確かだ。それは間違いない。いつそうなるかはまだオープンだがね」

「彼女はF1史で初の女性チーム代表になるだろう」

「彼女は13年間、我々とともに主要な役割を務めてきた。彼女は非常によい仕事をしてくれると確信している」

実際、ペーター・ザウバーは、BMWにチームを売却し、マリオ・タイセンに手渡したときにすでに一度ピットウォールを離れている。

そして、2010年にBMWが突然F1から撤退した際に、チームの従業員を救うためにしぶしぶ復帰した。

「2度も決壊に飛び込むことはできない」とペーター・ザウバーは笑いながら述べ、引退は今回で最後になることをほのめかした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー