小林可夢偉 F1スペインGP 結果
ザウバーは、F1スペインGPの決勝レースで、小林可夢偉が5位、セルジオ・ペレスがリタイアという結果だった。

小林可夢偉 (5位)
「チームが素晴らしい仕事をしてくれましたし、クルマのアップデートも非常にうまく働いています。前回のレースに比べると、レース中のペースがずいぶんとよくなりました。昨日の予選の不運がなければ今日はまちがいなく表彰台を獲得できたと思います」

「本来なら9番グリッドスタートして5位入賞は喜ぶべきかもしれませんが、クルマにはもっとポテンシャルがあります。トラフィックのなかでオーバーテイクは簡単ではありませんでした。直線でDRSを使っても、抜けるまで近づくことができませんでした。だからある程度のリスクを背負ってコーナーでしかけるしかなかったです。最後のスティントではかなりタイヤを使っていました。いま非常に接戦なので、集団の前で走るためには完璧な週末を過ごさなければいけません。それを今週末パストール(マルドナード)はやり遂げました。前回5位に入ったのは去年のモナコなので、次戦モナコGPを非常に楽しみにしています」

セルジオ・ペレス (リタイア)
「スタートはとても不運だった。ターン1でロマン(グロージャン)を抜くことができたけど、そのあと彼が接触してきて、1周後にピットストップしなければならなかった。フィールドの後方からあまりリカバーすることができなかったし、その後トランスミッションのトラブルでリタイアしなければならなかった。終わったことだし、次のレースに集中するつもりだ。モナコは僕にとってとても特別なグランプリだ」

関連:F1スペインGP 結果:パストール・マルドナドがF1初優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | 小林可夢偉 | F1スペインGP