ザウバー C31
ザウバーは、2012年F1マシン「C31」を発表した。

ザウバーは6日(月)、スペインのヘレス・サーキットでC31の発表会を開催。レースドライバーの小林可夢偉とセルジオ・ペレスが新車C31のアンベイルを行った。

ザウバー C31は、今季のF1マシンの特徴ともいえる極端な“段差ノーズ”を採用。マシンカラーは前後がグレー塗られ、よりダークなカラーリングとなった。

ザウバーはこのあと同サーキットでC31のシェイクダウンを実施。2月7日(火)の合同テスト初日では、小林可夢偉がザウバー C31のステアリングを握る。

Sauber C31 C31 段差ノーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | F1マシン