ザウバー
ザウバーは、F1スペインGPにむけて2011年スタイルのエキゾースト・ブラウン・ディフューザーを準備している。

ザウバーは、F1開幕戦オーストラリアGPをリアウイングの車両規定違反で失格・ノーポイントで終えたが、マシンのハンドリング特性には期待を持っている。

ザウバーのテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、次の大きなステップはレッドブル型のエキゾーストレイアウトだと述べた。

「選択肢を検討している。かなりの影響を与えるものなので、機能に納得してから導入することを検討している。うまくいかなければ困ったことになる」

「今の我々のシステムも良質でかなり強力ではあるが、ピットレーンで確認できる他の一部のシステムほどパワフルではない」

「我々は他のマシンで見られたソリューションのいくつかを試した。それらを機能させることはできたが、全体的なダウンフォースが不足していた。その後、いくつかのブレークスルーがあったので、もう一度見直すつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー