ザウバーの2012年05月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 カットモデルでF1マシンの構造を解説

2012年5月31日
F1マシン 構造
ザウバーのチーフデザイナーを務めるマシュー・モリスが、F1マシンを真っ二つに割ったカットモデルを用いて、F1マシンの構造を解説した。

動画では、F1マシンにどれだけのパーツがどのような意図をもって詰め込まれているかを紹介。

またドライバーのセルジオ・ペレスが登場し、実際にどのようなシートポジションでドライブしているかなども確認できる。

セルジオ・ペレス、2013年のチーム移籍の可能性を否定せず

2012年5月31日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、2013年にチームを移籍する可能性を否定していない。

フェリペ・マッサの後任の最有力に挙げられたセルジオ・ペレスだが、2012年シーズン中にフェラーリに移籍するつもりはないと主張している。

だが、2013年に関しては移籍の可能性を否定しない。

ザウバー、接触の多いロマン・グロージャンを非難

2012年5月30日
ザウバー
ザウバーは、接触の多いロマン・グロージャンを非難した。

スイスの Blick は、F1スペインGPでロマン・グロージャンと接触したセルジオ・ペレスが、衝突後に“f***ing French!”と罵っていたと報道。

先週のF1モナコGPでは、小林可夢偉が、1コーナーでスピンしたロマン・グロージャンと接触してマシンが飛び上がり、サスペンションにダメージを負ってリタイアを強いられた。

小林可夢偉 「サスペンションが壊れて走れる状態ではなかった」

2012年5月29日
小林可夢偉
小林可夢偉が、リタイアに終わったF1モナコGPの週末を振り返った。

「モナコGPは去年いい結果を残しているので、今年は完璧な週末を過ごしてさらにそれを超えようと思っていました。でも結果は残念でした」と小林可夢偉はコメント。

木曜日のフリー走行では、可夢偉のマシンだけダウンフォースが出ておらず、フロアを交換したという。

ザウバー:小林可夢偉はリタイア (F1モナコGP)

2012年5月28日
小林可夢偉 F1モナコGP 結果
ザウバーは、F1モナコGPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが11位、小林可夢偉がリタイアという結果だった。

小林可夢偉 (リタイア)
「いいスタートを決めることができてセバスチャン・ベッテルとポジションを争っていたので、彼の後ろでフィニッシュできていたかもしれません。(スピンした)ロマン・グロージャンは最初イン側に動いていたのですが、突然アウト側に戻ってきました」

小林可夢偉、無念のリタイア (F1モナコGP)

2012年5月27日
小林可夢偉
小林可夢偉は、F1モナコGPの決勝レースで、オープニングラップの接触が原因でリタイアという結果に終わった。

11番グリッドからスタートした小林可夢偉だが、オープニングラップで4番グリッドからスタートしたロマン・グロージャンが行き場を失いクラッシュ。後方から来た小林可夢偉は、グロージャンのマシンを避け切れずに接触。マシンが跳びはねるカタチとなった。

【動画】 小林可夢偉 「戦略を練って頑張りたい」 (F1モナコGP予選)

2012年5月27日
小林可夢偉 F1モナコGP 予選
小林可夢偉が、F1モナコGPの予選を振り返った。

午前中のフリー走行とQ1で好調なパフォーマンスを見せていたため、上位グリッドが期待された小林可夢偉だったが、Q2で12番手となり、Q3に進出することはできなかった。

去年のF1モナコGPでは16番グリッドから5位を獲得している小林可夢偉。今年は11番グリッドからそれ以上の結果を目指す。

ザウバー:小林可夢偉は12番手 (F1モナコGP 予選)

2012年5月27日
小林可夢偉 F1モナコGP 予選 結果
ザウバーは、F1モナコGPの予選で、小林可夢偉が12番手、セルジオ・ペレスが24番手だった。

小林可夢偉 (12番手)
「もちろん今日はもっといい結果を期待していました。スーパソフトタイヤでいいタイムを出せるのは1周だけでした。Q2の間にタイムを上げることができましたが、Q3には充分ではありませんでした」

ザウバー、レッドブルの経費オーバーを非難

2012年5月26日
ザウバー
ザウバーは、F1のコスト削減策をオーバーしているレッドブルを非難した。

レッドブルとトロ・ロッソを除く全F1チームは、コスト削減を強化するためにレギュレーションに明記するなどの手段でFIAの介入を望んでいるとされている。

しかし、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、12チーム中10チームがサインしたFIA会長ジャン・トッドの手紙を読んでさえいないと主張している。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム