ザウバーの2010年01月のF1情報を一覧表示します。

小林可夢偉 「ペーター・ザウバーの信頼に応えたい」

2010年1月31日
小林可夢偉
小林可夢偉が、ザウバーでのF1初フル参戦を前に意気込みを語った。

小林可夢偉は、バレンシアで行われたC29の発表会に参加。チームメイトのペドロ・デ・ラ・ロサとともに新車C29のアンベールを行った。

小林可夢偉
「ペーター・ザウバーが僕を信用してくれたことを非常に誇りに思っているし、彼をがっかりさせたくない」

ペドロ・デ・ラ・ロサ 「チームに僕の知識をもたらしたい」

2010年1月31日
ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサが、ザウバー C29の発表で2010年シーズンへの意気込みを語った。

ペドロ・デ・ラ・ロサ
「やっと再び正式なレーシングドライバーになったようなに気持ちだ。トラックでの競争がなくて本当に寂しかった。だけど、同時に僕はたくさんの技術やシステム面を学んできたし、チームにその知識をもたらしたいと思っている」

ザウバー、C29を発表

2010年1月31日
ザウバー C29
ザウバーは、2010年F1マシン「C29」を発表した。

ザウバーは31日(日)、スペイン・バレンシアのリカルド・トレモ・サーキットで2010年F1マシン「C29」を発表した。

発表にはレースドライバーの小林可夢偉とペドロ・デ・ラ・ロサが参加。まだデザインのない真っ白なレーシングスーツに身を包みC29のアンベールを行った。

ザウバー、スカルプDとのスポンサー契約を発表

2010年1月31日
ザウバー、スカルプDとのスポンサー契約を発表
ザウバーは、スカルプDとの契約を発表した。

スカルプD(Scalp-D)は、日本のアンファー株式会社が販売するヘアメディカル薬用商品のブランド名。スカルプDのロゴは、ザウバーのF1マシンのリアウイング、チームトラック、ガレージ設備に掲載される。

ザウバーは、2010年のレースドライバーとして日本人ドライバーの小林可夢偉を起用。F1をサポートする日本企業があらわれたのは嬉しいニュースだ。

ザウバーのカーナンバーは月曜日に確定

2010年1月28日
小林可夢偉のカーナンバーは?
2010年にザウバーに割り当てられるカーナンバーはまだ確定していない。

FIAは昨年11月末、ザウバーの参戦が確定する前にエントリーリストを発表した。

BMWザウバーは2009年シーズンを6位で終えているため、理論的にはザウバーのドライバーにはカーナンバー11と12が与えられる。

ザウバー、ピラタスとのパートナー契約を発表

2010年1月28日
ピラタス
ザウバーは、ピラタス・エアクラフ社とのパートナー契約を発表した。

ピラタス社は、スイスで軽飛行機やコミューター機を製造している航空機メーカー。

この契約により、ピラテスはザウバーのチームカラーにペイントされた9人乗りのPC-12NG機を提供、主にヨーロッパでの移動に利用される。

ザウバー、サーチナとのパートナー契約を延長

2010年1月27日
ザウバー サーチナ(Certina)との契約を延長
ザウバーは、サーチナとのパートナー契約を延長したことを発表した。

サーチナ(Certina)はスイスの時計メーカー。2005年からチームのオフィシャルパートナーを務めてきた。

サーチナのロゴは、小林可夢偉とペドロ・デ・ラ・ロサのマシンのサイドミラー、ヘルメット、レーシングスーツの袖口に掲載され、チームスタッフには腕時計が供給される。

ザウバー、フィジケラとハイドフェルドも候補だったことを認める

2010年1月26日
ザウバー
ペーター・ザウバーは、ジャンカルロ・フィジケラが2010年の小林可夢偉のチームメイト候補だったことを認めた。

ザウバーにエンジンを供給するフェラーリがジャンカルロ・フィジケラを強くプッシュしていたの推測があったが、ザウバーは最終的に長年マクラーレンでテストドライバーを務めていたペドロ・デ・ラ・ロサと契約した。

F1特集:ザウバー 歴代F1マシン Part 1

2010年1月23日
F1特集:ザウバー 歴代F1マシン Part 1
ペーター・ザウバーが撤退したBMWからチームを買い戻し、2010年から再びプライベートチームとして再出発することになったザウバー。ドライバーは小林可夢偉とペドロ・デ・ラ・ロサが務める。

2010年マシンは『C29』になるとされ、再びCシリーズの名称が復活する。ちなみにCはペーター・ザウバーの妻であるクリスティーヌ(Christine)のイニシャルに由来する。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム