佐藤琢磨 内閣総理大臣顕彰 インディ500
佐藤琢磨は、内閣総理大臣顕彰の受賞について公式サイトで改めて報告した。

佐藤琢磨は、5月28日(日)に米国 インディアナ州インディアナポリスのインディアナポリス・モータースピードウェイにて開催された第101回インディ500で日本人初優勝という歴史的快挙を成し遂げた。

これを受けて安倍晋三首相は佐藤琢磨に内閣総理大臣顕彰を贈ることを決定。4日(金)に総理大臣官邸で顕彰式が行われた。

顕彰式では、安倍内閣総理大臣より顕彰状が読み上げられ、佐藤琢磨が直接拝受した。佐藤琢磨からは御礼の品として、インディ500優勝者に対してインディアナポリス・モータースピードウェイ(IMS)が授与している2017年インディ500優勝記念置物を贈呈した。

「改めて、内閣総理大臣顕彰という名誉ある賞を頂くことができ、多くの方々に心より感謝を申し上げます」と佐藤琢磨はコメント。

「顕彰式ではレースとは違った緊張感がありましたが、安倍内閣総理大臣から顕彰状を受け取ったときは、非常に感動致しました。この賞が日本のモータースポーツの盛り上げの良いきっかけになること期待しています。ともおっしゃって頂きました」

「これからも、さらなる高みを目指して邁進して行きたいと思います」

<御礼の品の説明>
2017年インディ500優勝記念置物
null
1909年のにインディアナポリス・モータースピードウェイ(IMS)が建設された時に使われていたオリジナル・レンガを使って創られた記念置物。世界で最も古い歴史を誇るインディ500が開催されるIMSのオーバルコースは、開設時のコース路面がレンガ敷きであったため、モータースポーツファンから「ブリックヤード(レンガの庭)」の愛称で呼ばれている。しかしながら開設後徐々にアスファルトによる改修・再舗装が進み、1961年にはスタート&フィニッシュ・ラインに9列約1ヤード幅のレンガ敷き「ヤード・オブ・ブリックス」が記念として残されている以外はすべ、再舗装された。このヤード・オブ・ブリックスは、佐藤琢磨をはじめ近年のインディ500の優勝者はチェッカーフラッグを受けた後この上を通ってビクトリーエリアへと移動したり、IMSの長い歴史と伝統に敬意を評してチーム全員でに跪きレンガにキスをする習わしもあるなど、世界のモータースポーツ関係者やファンにとって聖地の一つともなっている。IMSはこの貴重なオリジナル・レンガを一部保管し、インディ500優勝者や功績のあった人々に記念置物として贈呈している。




このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨 | インディカー