佐藤琢磨 ロータスのシート獲得ならず
佐藤琢磨のマネイジメントは、佐藤琢磨がロータスのシートを獲得できなかったことを明らかにした。

佐藤琢磨は、ヘイキ・コバライネンとロータスのセカンドシートを争っていたが、佐藤琢磨のマネージャーを務めるマシュー・ウィンターは、佐藤琢磨とロータスとの契約交渉が失敗に終わったことを明らかにした。

「我々はタクがロータスのシートを獲得できなかったと理解している。昨日わかったことだ」

「彼は今、リストから外されている」

「判断基準がどのようなものだったのかわからない。我々は彼が力強い競争者だと思っていたし、タク以上のアジア人はいないと思う」

「我々はまだ諦めていない。まだいくつかのシートが空いているので、それらを狙っていくつもりだ。彼の選択肢は尽きてしまったので、彼が来年のF1にいるかどうかはわからない」

ロータスは14日、ヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンのラインナップを発表するとみられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨 | ケータハム