山本左近
ヒスパニア・レーシングは、山本左近が食中毒にかかったため、今週末のF1シンガポールGPを欠場することを発表した。

山本左近の代理は、クリスチャン・クリエンが務める。

ジャガーとレッドブルで50戦に出走した経験のあるクリスチャン・クリエンは、ヒスパニア・レーシングのリザーブドライバーを務めている。

「山本左近は食中毒にかかっており、調子がよくないようだ」とヒスパニア・レーシングのチーム代表コリン・コレスは述べた。

「そのため、クリスチャン・クリエンが金曜日と残りのシンガポールGPでクルマを走らせる。左近がすぐに良くなって、彼の母国GPである日本で走れることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 山本左近 | クリスチャン・クリエン | HRT