ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンとメルセデスF1の敗北を見るのは辛かった」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、メルセデスF1は彼の“ファミリー”のままであり、ルイス・ハミルトンが2021年のタイトル争いに敗れるのを見るのは辛かったと語る。

ルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのレース終盤のニコラス・ラティフィのクラッシュがセーフティカーを引き起こすまで、前人未踏の8回のF1ワールドチャンピオンを手中に収めているように見えた。

だが、突然、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に2番手を保持したままで新品タイヤに交換するチャンスが巡ってきた。

F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間の周回遅れの車両だけをクリアにするという物議を醸す処理をして、レースは最終ラップに再開された。

マックス・フェルスタッペンはタイヤのアドバンテージを生かして、その最後ラップでルイス・ハミルトンをパスし、トップでチェッカーフラッグを受けて自身の初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

レース後のインタビュー以来、ルイス・ハミルトンは沈黙を貫いており、2位のトロフィーを授与されるはずのFIA年間表彰式を欠席した。

2016年にメルセデスF1でチームメイトだったルイス・ハミルトンを倒してF1ワールドチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグは、ハミルトンの敗北に大きな痛みを感じたと語る。

「痛みを感じた。信じられないほどの痛みをね。今、僕はメルセデスと何の関係もないけど、もちろん、以前からファミリーだし、信じられないくらいの痛みだった」とニコ・ロズベルグはSoymotor.comに語った。

「彼らは、残り3周まで99%ワールドチャンピオンを獲得できると確信していた。それを失ったこと、そして、タイヤが50周したために何もできなかったあのような戦いでうしなっったことは…信じられないほどの痛みだ」

「あのようにFIAによる少し奇妙な決定で終わったのは残念だ」

ニコ・ロズベルグが語るようにFIAの介入は壮大なシーズンの結末をもたらすことになった。

FIAは、ヤス・マリーナ・サーキットで競技規制がどのように適用されたかを調査しており、ニコ・ロズベルグも再調整し、来シーズンからルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの激しい戦いを正しく管理できるようにFIAに促した。

「最初の瞬間から、F1の素晴らしい年になった」とニコ・ロズベルグは2021年シーズンを振り返った。

「テレビで見ていてとても楽しかった。ハミルトンとフェルスタッペンの戦いは驚異的だった。彼らは長年で2人のベストドライバーだ」

「フェルスタッペンは何度もチャンピオンを獲得するだろう。すべてのレースで2人が対決していたのは驚異的だった」

「もちろん、F1は限界を超えて、すべてを出し尽くして戦うものなので、困難な状況にある。FIAも今後はキャリブレーションとアジャストが必要だ」

「僕たちは疑念のある状況を避けなければならないので、彼らは冬に良い仕事をしてすべてを改善し、より公正に扱う必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / ルイス・ハミルトン / メルセデス