F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1 ニコ・ロズベルグ
ロバート・クビサは、ニコ・ロズベルグが自身のマネジメントチームを離れたことを明らかにした。

2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、ウィリアムズがフェリペ・マッサの後任としてロバート・クビサを検討していた際、クビサのマネジメントチームの一員として古巣ウィリアムズとの交渉において積極的な役割を担った。

最終的にウィリアムズはセルゲイ・シロトキンをレースドライバーに選び、ロバート・クビサは今季のリザーブ兼開発ドライバーに就任している。

状況が落ち着いたことで、ニコ・ロズベルグはフォーミュラEへの投資を含めた他のビジネス活動に取り組み始めており、ロバート・クビサは二人の仕事関係は変化したと述べた。

「去年の終わりに僕たちは密接に協力してきたし、良い関係を継続しているけど、僕は自分のことをやっているし、彼はとても忙しく、家族もいる。今は去年ほど密接には仕事はしていない」とロバート・クビサは Autosport にコメント。

「でも、僕たちはまだ連絡を取り合っているよ」

しかし、ロバートクビサは、ニロ・ロズベルグと自分が正式に離れたわけではないとし、実際にはニコ・ロズベルグは2017年末の特別な交渉のために手助けをしてくれたと説明した。

「その時期はとにかく非常に激しかった。今は状況は完全に異なっている」とロバート・クビサは説明する。

「ニコが仕事をしていた状況ではないし、今は仕事をしていない。存在として彼がいなくてもいい状況なんだ」

将来的にニコ・ロズベルグと再びプロジェクトで仕事をする可能性について質問されたロバート・クビサは「それは僕の側だけに依存することではない」とコメント。

「多くのことが状況に左右されるし、パドックに戻ってきたことは僕にとっては新しいものでもある」

「将来、何がもたらされるかを見て、そこから進んでいくつもりだ」

ロバート・クビサは、長年のマネージャーを務めていたアレッサンドロ・アレッサンドロ・ブラビとの関係は継続しており、引き続き、法律および行政面を担当する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ロズベルグ | ロバート・クビサ