ニコ・ロズベルグ
F1を引退したニコ・ロズベルグだが、2017年もアンバサダーとしてメルセデス・ファミリーに残ることになった。

メルセデスは、ニコ・ロズベルグが火曜日にジュネーブで開催される国際高級時計サロンでチームのパートナーであるIWCシャフハウゼンを代表して、ルイス・ハミルトンとともに新しい役割で初めて公式に登場することを発表した。

ニコ・ロズベルグは、今後モータースポーツに関わっていくのか、2017年にF1グランプリに姿を見せるかは明かしていないが、アンバサダーとして少なくともスポンサーイベントに登場することになると考えられている。

ニコ・ロズベルグは、悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得したわずか5日後に引退を発表して、世界中を驚かせた。

メルセデスは、ニコ・ロズベルグの後任としてバルテリ・ボッタスがウィリアムズから加入することを発表。ウィリアムズではボッタスの後任としてフェリペ・マッサが引退を撤回してF1復帰することが発表された。

メルセデス、バルテリ・ボッタスの起用を正式発表
メルセデス、バルテリ・ボッタスの起用を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ロズベルグ | メルセデス