ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグが、F1ベルギーGPでのルイス・ハミルトンとの接触事故を謝罪した。

F1ベルギーGPの決勝レース2周目に起きた二人の接触により、ルイス・ハミルトンは左リアタイヤをパンクさせ、レースをリタイアした。

メルセデスは29日に会議を開いてこの件について話し合い、ニコ・ロズベルグは自分の責任を認めた。

ニコ・ロズベルグ
「スパでのベルギーGP以降、僕はレース中に起きたことを長い時間考え、チームと話し合ってきた。僕はすでにあのインシデントについて後悔を表明していた。でも、今日トト、パディ、そしてルイスとのミーティングを終え、もう一歩進もうと思う。あれば僕の判断ミスだった。僕たちにとっての第一のルールは、チームメイトとして衝突してはならないというものだが、実際にそれが起きた。その判断ミスについて、ルイスとチームに謝罪する。またベルギーでの僕たちの先頭争いを見られなかったファンにも謝りたい。ドライバーとして、僕たちは、チーム、F1ファン、パートナー、メルセデス・ベンツに対し、クリーンなレーシングをする明確な責任がある。僕たちはこの責任を非常に真剣に受け止めている。ルイスと僕は、互いにどうレースをするかについて、明確な指示を与えられた。アブダビでのシーズン最終周回まで、トラック内外で激しくフェアな戦いをして、シーズンを終えるのを楽しみにしている」

関連:ニコ・ロズベルグが接触事故を謝罪。懲戒処分を受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / メルセデス