ロビン・フラインス
ザウバーのリザーブドライバーを務めるロビン・フラインスが、来週ヘレスで開催されるGP2テストにトライデントから参加することになった。

昨年フォーミュラ・ルノー3.5のチャンピオンを獲得したロビン・フラインスだが、今年のレース活動は決定しておらず、ザウバーもフラインスがレースを維持することを望んでいる。

ロビン・フラインスは、GP2での初テストにプレッシャーを感じていると述べた。

「これまでGP2カーを運転したことはない」とロビン・フラインスは AUTOSPORT にコメント。

「いい仕事ができることを願っている。プレッシャーはある」

「現時点で契約はテストだけだ。難しいけど、戦い続けなければならない」

「僕がGP2でレースをしたいと思っているのは秘密ではない。今年はまだ座れていないし、走ることを必要としている」

「GP2はF1への良いステップだ。同じ週末にレースがあるし、トラックとピレリタイヤを学ぶことができるからね」

昨年のフォーミュラ・ルノー3.5のプレシーズンテストで衝撃的なパフォーマンスを披露したロビン・フラインスが、来週そのような結果を繰り返せるとは考えていない。

「クルマとタイヤについて学ばなければならないことがたくさんあることはわかっている」

「みんな、かなり時間がかかると言っているし、タイムシートのトップにいるとは思っていない」

「まずは気楽にやって、できるだけ多くのことを学ぶつもりだ。すぐに速く走れるとは言うつもりはない。そうは考えていないからね」

ロビン・フラインスは、フォーミュラBMWヨーロッパ、フォーミュラ・ルノー・ユーロカップ、フォーミュラ・ルノー3.5と3年連続でタイトルを獲得してきたが、資金不足のためGP2での契約を獲得できていない。

「いくつかのチームと話をしたけど、それらには最終期限があるし、まだ最終期限に間に合わせられる予算を持っていない」

「トライデントは、まだシートが空いている適切なチームのひとつだ。彼らを訪ねる予定だったし、彼らは僕と働くことを望んでくれている懸命に働くチームだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロビン・フラインス / ザウバー / GP2