ダニエル・リカルド、マクラーレン最後戦で9位「次を楽しみにしている」
ダニエル・リカルドは、マクラーレン最後のレースとなった2022年F1アブダビGPを9位でフィニッシュした。

2023年までマクラーレンと契約を結んでいたダニエル・リカルドだが、チームは2023年にルーキーのオスカー・ピアストリを起用することを決定し、1年早くに契約を解消。今シーズンでチームを離れるリカルドにとって、F1アブダビGPは現時点で最後のF1レースとなった。

「マクラーレンでの最後のレースでポイントを獲得できて本当にうれしい」とダニエル・リカルドはコメント。

「今僕が持っているペースでベストを尽くしたと感じた。フロントタイヤを生かしておくのに苦労した。それが最大の制限だったし、少しトリッキーだったところだ。走りに関しては、できるときは守り、できるときはオーバーテイクすることができたので、その点ではかなり満足している」

「ベッテルは最後に非常に速く僕を捕らえた。彼を抑えようとしてちょっと少しタイヤを壊したと思うけど、持ちこたえてポイントを獲得できたことをうれしく思う。良いシーズンの締めくくりだった」

「チーム全体に心から感謝している。レース後のダッシュボードにも素晴らしいメッセージを残してくれた。クールだったね。感謝している。最高の結果もあれば、最低の結果もあったけど、その間ずっとランドと一緒にレースを楽しんできたし、マクラーレンが誇りに思ってくれることを願っている」

「これまで僕を支えてくれたすべての人、パパイヤ アーミー、そしてトラックサイドとウォーキングのすべての人に感謝している。感謝してもしきれない。マクラーレンでの最後のレースだったかもしれないけど、僕は次にやることを楽しみにしている。来シーズンのチームの健闘を祈っている」

ダニエル・リカルド マクラーレン 2022年 F1 アブダビグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / F1アブダビGP