ダニエル・リカルド 「角田裕毅の事故でセーフティカーの幸運に恵まれた」 / マクラーレン F1シンガポールGP
ダニエル・リカルド(マクラーレン)は、2022年 F1シンガポールGP の決勝を5位でフィニッシュ。「この結果が必要だった」と語った。

今シーズン限りでマクラーレンを退団することが決定しているダニエル・リカルドにとって5位は今季のベストリザルト。チームメイトのランド・ノリスとどうよに36周目に出動したセーフティカーでのフリーストップから恩恵を受けた。

また、ルイス ハミルトンとマックス フェルスタッペンのミスも、マクラーレンがマリーナ・ベイで素晴らしい結果を出すのに役立った。

「この結果が必要だったし、楽しみにしている日本でも同じくらい楽しみたい」とダニエル・リカルドは語った。

「結果に満足している。確かに良い気分だ。久しぶりだ。最後のトップ5はおそらく1年前のサウジだったと思う…今年は1回もなかった。悲しいけど、今年がどうだったかは分かっているし、確かに幸運に恵まれたような気もしている」

16番グリッドから挽回してトップ5でフィニッシュしたダニエル・リカルドは、4戦連続ノーポイントに終止符を打った。マクラーレンがピットインするのを待っていたタイミングで角田裕毅のリタイアによってセーフティカーが導入された。

「セーフティカーの前にスリックタイヤを履くのは魅力的に聞こえたけど、それは適切な判断ではなかった。だから、僕たちはタイミングに賭けて、そのフェーズで他の選手に勝つことができた。そして、セーフティカーが入った。角田のインシデントで非常に大きな利益を上げた」とダニエル・リカルドは語った.

「それは僕たちにとって良い状況だったし、最終的にポイントに戻ることができた。明らかにチームにとって非常に重要な日だった」

レース後、ダニエル・リカルドは、マクラーレンのプレスリリースに以下のようなコメントを寄せた。

「とてもハッピーだ。シーズンずっとトップ5に入っていなかったので、とてもうれしい」

「今日はいくつかのことが僕たちに有利に働いたと感じているが、僕たちは非常に忍耐強かったし、成熟していたと思う」

「スリックに飛び乗って、自分たちが置かれている立場でヒーローになろうとするのはとても魅力的だけど、僕たちは賢明だったし、自分たちのタイミングに賭けて、他の車とセーフティカーの機会を得ることができたと思う」

「最初のラップが良かったことに本当に満足している。そこでもいくつかポジションを獲得した。僕たちはすべてを正しく行った」

「僕たちはトップ5を最大化し、コンストラクターズ チャンピオンシップでチームにとって大きなポイントだ。みんなに笑顔が浮かんでいた」

ダニエル・リカルド マクラーレン F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / F1シンガポールGP