マクラーレンF1解雇のダニエル・リカルド 「僕は壊れてなどいない」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンのF1契約を1年早く終了させられたという試練が彼を壊したことを否定している。

33歳のダニエル・リカルドは、2023年に同じオーストラリア出身の若手オスカー・ピアストリに代わり、昨シーズンの初めに加入したマクラーレンから追放された。

ダニエル・リカルドとマクラーレンが8月24日に契約解消を確認するまで沈黙を守っていたにもかかわらず、その物語は世間の注目を集めた。

現在、ダニエル・リカルドは2023年シーズンのドライブがない状況となっている。

ベルギーグランプリで、ダニエル・リカルドはときどき寂しげな姿を見せていたが、先週末のザントフォールトでは、いつものような陽気な自分に戻っていた。

「先週が終わって少しほっとした」とダニエル・リカルドは語った。

「何が襲ってくるかわからない。もちろん、今まで契約上の観点から、短縮されるという状況に陥ったことはなかった」

「そういうことはすべて、確かに精神的に少し負担がかかる」

「でも、それはまた、運転するという行為を少しスイートなものにしてくえる。そういったすべては非常に気を散らす可能性があるからね。運転がはるかに自由で楽しいと感じている。

「ベルギーは競争の激しい週末ではなかったが、ドライビングを楽しんで、ある意味で自分を車に閉じ込めて乗り切ることができた」

2023年にダニエル・リカルドが利用できるオプションは限られており、空席があるのはアルピーヌ、ハース、ウィリアムズだけだ。

アルファロメオはまだ周冠宇を確認していないが、中国人ドライバーが2シーズン目を更新すると広く予想されている。

ピエール・ガスリーは、レッドブルが適切な後任を確保できれば、アルピーヌF1チームの最有力候補として台頭している。

コルトン・ハータは、アルファタウリの後任として最も高い人物として知られているが、現在F1スーパーライセンスの資格がなく。免除が必要になる。だが、以前にそれは拒否されたとされ、その点については確実ではない。

したがって、ミック・シューマッハの代わりにハースF1チームが移籍するのがダニエル・リカルドにとって最も現実的なオプションとなる。

F1ドライブが実現しない場合、別のカテゴリーでレースをするかと質問されたダニエル・リカルドは「あまりに先のことを知り、予測するのは難しい」と答えた。

「僕の簡単な答えは、F1をあきらめないということだと思う。もしそれが来年グリッドに乗れないことを意味するとしても、2024年にそこにいる方法を確実に見つけようとするだろう」

「正直なところ、現時点で本当に興味を持っているのはレースだけだ」

「僕の考え方は今でも『自分はF1ドライバーだ』というものであり、自分が成し遂げてきたことを誇りに思っている」

「でも、僕はまだ示したり、与えたり、自分自身でできることはあると感じている。そういった答えを求められているのであれば、来年は別のカテゴリーでレースをするつもりはない」

高い期待が寄せられたにも関わらず、マクラーレンで結果を出せなかった8回のグランプリウィナーであるダニエル・リカルドにとって、それは残念な状況だ。

1年前のモンツァでの勝利は別として、ダニエル・リカルドの評判に計り知れないダメージを与えた試練の時期であり、多くの人々の目には、彼はかつて未来のワールドチャンピオンと見なされていたグリッド上の場所にほとんど値しないドライバーに映った。

「確かに、僕は過去数年にわたってテストされてきた」とダニエル・リカルドは認めた。

「でも、壊れていないことを誇りに思う。今でも大好きだ」

「僕はまだグリッドにいたいと思っているし、いかなる代償を払ってもというわけではないかもしれないけど、間違いなくそれをやりたいと思っている」

「それが、胸を張って、乗り越えてきたことを誇りに思っていることだ」

「18か月がもっと良かったらよかったけどね。でも、僕はまだ進んでおり、前を向いている。僕はまだ大丈夫だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン