ダニエル・リカルド 「ガスリーは最も過小評価されているF1ドライバー」
ダニエル・リカルドは、F1キャリアを通じてピエール・ガスリーが示したキャラクターとスキルは、彼をF1で最も過小評価されているドライバーであることを示していると考えている.

ピエール・ガスリーのF1におけるこれまでの歴史は、2019年にトロロッソからレッドブル・レーシングに昇格するまでと、その年の後半に再びトロロッソに降格したことを特徴とする 2つの部分に分かれている。

レッドブルの最も輝かしい見通しとして知られるピエール・ガスリーは、2019年のハーフシーズン在籍中にレッドブル・レーシングでチームリーダーのマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスレベルに近づくことができなかった。

その後、ピエール・ガスリーは、アレクダンダー・アルボンとシートを交換した。アルボンは、レッドブル・レーシングでより長いスティントを送ったが、最終的にはレッドブルの上層部を納得させることできなかった。

新たなスタートを切ったピーエル・ガスリーは、2020年にアルファタウリで再編成し、モンツァでのF1イタリアGPで予想外の優勝を果たすなど、一貫性のおかげで評価を改めて高めた。

「個人的には、ピエール・ガスリーが好きだ」とF1で最も過小評価されているドライバーについて質問されたダニエル・リカルドは答えた。

「彼のことを好きなドライバーに挙げるのは記録に関してだけではない。彼のことは人としても好きだし、彼が示したことも好きだ」

「レッドブルというトップチームに移籍することで、彼は本当に大きなチャンスを得たが、それはかなり短命だった」

「彼は頂点に上り詰めたが、そこに着いた途端にノックダウンされた。彼はまだ戦っているし、
本当に優れたキャラクター、本当に優れた回復力を示している」


「そのすべてを通して、彼は実際に2020年にレースに勝つことができた。彼はいくつかの表彰台を獲得している。人間として彼のためにうれしく思う。彼のことが好きだし、競争相手としてもリスペクトしている。トップに立つことは難しい。でも、そこに留まることはさらに難しい


「彼は12か月でかなり大きなジェットコースターを経験したけど、降格させられてから本当によく戦ってきたことを僕は知っている」

ピエール・ガスリーは、2023年シーズン終了までアルファタウリと契約を延長した。残念ながら、チームの新世代F1マシンのパフォーマンスに影響を与える問題と信頼性の問題により、今シーズン、ガスリーはこれまでに3回しか入賞できていない。

しかし、26歳のピエール・ガスリーは、アルファタウリの開発努力のおかげで、2022年シーズン後半に好転させることができると確信していると語る。

「シーズンの初めに、今年は開発レースになることは分かっていた。新しいレギュレーション、新しいマシンにより、人々は一年を通して自分のマシンを開発していくことをね」とピエール・ガスリーはハンガリーで語った。

「どのようなスタートを切ったかは重要ではありません。重要なのは、1年を通して進歩を維持することだ」

「僕たちはまずまずのスタートを切ったと思う。ポーパシングなどの問題で少しペースが落ちたけどね」

「でも、今では明らかにパフォーマンスをもたらしているし、ミッドフィールドがいかにタイトかを見れば、明らかに我々あおその戦いに引き戻そうとしていると思う」

「今、ミッドフィールドのコンマ2秒は8位から16位に押し上げるので、今年の残りの期間、僕たちが持っているものの可能性を最大限に引き出すことを確認する必要がある」

ダニエル・リカルド F1 ピエール・ガスリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド