F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
ダニエル・リカルドは、今週末にルノーが投入するアップグレード版のパワーユニットは信頼性の向上に焦点を当てたものだと語る。

今回のアップグレードは、MGU-Kの信頼性向上のためにF1中国GPでの投入したものからわずか2レース後の投入となる。今シーズンここまでルノーのMGU-Kを信頼性問題の中心となっており、F1スペインGPにむけて信頼性を改善するためにアップグレードが計画された。

ルノーのF1ドライバーであるダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグのマシンにはF1スペインGPで信頼性を向上させたMGU-Kだけでなく、パフォーマンス向上を目的としたさらに多くのアップデートが投入される。

「今回のものは主に信頼性のためのものだ」とダニエル・リカルドっは語る。

「彼らがどのパーツを変更したのか詳しくはわからない。でも、いくつかの資料でどのようなものかはわかっているけど、僕がどれくらいわかっているかは言えない。でも、いくつかの変更は信頼性を助けるためのものだ」

「今のところ、それが目標だけど、信頼を改善できていることがわかれば、またパワーカーブや予選で走らせることができる他のいろいろなことをもう一度プッシュしていくことができる」

関連:2019年 F1スペインGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / F1スペインGP