F1 ダニエル・リカルド レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドが、2018年のF1世界選手権 第20戦 ブラジルGPへの意気込みと、インテルラゴス・サーキットについて語った。

「ブラジルの雰囲気はクールだし、去年はあそこで良いレースができた。必ずしも抜くのは簡単なトラックではないけど、去年はそれが可能であることが証明されたし、戻るのを楽しみにしている」とダニエル・リカルドはコメント。

「ラップはかなり短いし、高速コーナーに欠けているけど、間違いなく、長年にわたってだんだん好きになっている。このレースでは天候も大きな役割を果たす可能性があるし、コース上のアクションが、コース外の雰囲気に応えられることを願っている」

「ドライバーズパレードは、地元のファンとエアホーンで盛り上がってクールだし、クルマに乗る前にエネルギーを後押ししてくれるカーニバルのような雰囲気がある。いつも大勢でのチームディナーがあって、全員で素晴らしい雰囲気を作りだしている。チームとのシーズンを力強くフィニッシュしたいと思っているのは言うまでもないしい、それを達成するためにこれまでと同じくらいハードにプッシュしていくつもりだ」

関連:2018年 F1ブラジルGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | レッドブル | F1ブラジルGP