F1 ダニエル・リチャルド レッドブル・レーシング 2018年のF1世界選手権
ダニエル・リカルドは、2018年のF1世界選手権では開幕戦から表彰台を狙っていくと語る。

例年、レッドブルはプレシーズンテストぎりぎりまでマシン開発を行い、新車を可能な限り遅くに公開してきたが、昨年はシーズン開幕時に風洞との相関関係に問題が発覚し、大きく出遅れることになった。

だが、2018年F1マシン『RB14』はこれまでよりも早くに完成させ、2月19日(月)と10チームのなかでも早い段階でお披露目。プレシーズンテストからパフォーマンス向上を目指していく。

「去年は冬季テストの段階からメルセデスやフェラーリに対して遅れをとっていることを認識していた」とダニエル・リカルドは Speed Week にコメント。

「今年、僕たちは序盤から良いカタチでいたいと思っている。開幕戦で表彰台を獲得したい」

2017年シーズン後半、ルノーのF1エンジンの信頼性問題に悩まされつつも、レッドブルは大きな改善を見せた。

「現在、信頼性と効率性は向上している。それは明らかだ」とダニエル・リカルドはコメント。

「僕たちは空力に懸命に取り組んでいるし、僕たちの計算が正しければ、メルボルンでは良い状態にいるし、トップ3を争えると思う」

関連:レッドブル、2018年F1マシン『RB14』を2月19日に発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | レッドブル