F1エミリア・ロマーニャGP スプリント:白熱バトルをフェルスタッペンが制す!ルクレールに先勝
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPのスプリントが4月23日(土)にイタリアのイモラ・サーキットで行われ、マックス・フェスタッペン(レッドブル・レーシング)が優勝した。

昨年3つのグランプリで導入された決勝のスターティンググリッドを決する100㎞のレースは、スプリント予選からスプリントへと名称を変更して、今週末のF1エミリア・ロマーニャGPで今季初めて実施された。

2021年の変更点として、トップ3にのみ与えられていたポイントは、トップ8まで拡大。1位のドライバーには8ポイント、2位に7ポイント、3位に6ポイントとスライドし、8位には1ポイントが付与される。昨年は上位勢のみのバトルとなっていたが、ご褒美が拡大されたことで、中盤でも白熱のバトルが見られた。

レースは、2番グリッドからスタートしたシャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)が好スタートを決め、逆にスタートで失速したマックス・フェルスタッペンからリードを奪う。7番グリッドスタートのセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は5番手まで順位を上げる。

オープニングラップで周冠宇(アルファロメオF1チーム)がピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)を引っかけてクラッシュ。周冠宇はリタイアとなり、右フロントタイヤとフロントウイングにダメージを負ったガスリーはピットインを余儀なくされ、戦線から離脱する。

このインシデントでセーフティカーが入り、4周目にレースは再開。シャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンに対するリードを広げていたが、終盤に右フロントタイヤのグレイニングが発生し、コーナーに苦戦するようになる。

ストレートで速いレッドブルが追いつくと、トラクションのいいフェラーリがコーナーの立ち上がりで引き離すというバトルを数周展開した後、マックス・フェルスタッペンが残り2周でシャルル・ルクレールをパス。最終的に2.975秒差をつけて明日の決勝のポールポジションと8ポイントを獲得した。過去3回行われたスプリントレースで、オープニングラップでトップではないドライバーが優勝したのは今回が初となる。

3番手にはセルジオ・ペレス。そして、4番手には予選Q2でのクラッシュで10番グリッドからスタートしたカルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)が6台抜きを披露して5ポイントを獲得。

5位にはランド・ノリス、6位にはダニエル・リカルドとマクラーレン勢、7位のバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)、8位のケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)までがポイント獲得。

16番グリッドからスタートした角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は12位まで順位を上げた。チームメイトのピエール・ガスリーは17位でフィニッシュした。

F1エミリア・ロマーニャGP 決勝は、4月24日(日)の22時(現地時間15時)からフォーメーションラップが行われる。

2022年 F1エミリア・ロマーニャGP スプリント 結果・順位

順位NoドライバーチームGAPINT
133マックス・フェルスタッペンレッドブルLAP21
216シャルル・ルクレールフェラーリ2.9752.975
311セルジオ・ペレスレッドブル4.7211.746
455カルロス・サインツフェラーリ17.57812.857
54ランド・ノリスマクラーレン24.5616.983
63ダニエル・リカルドマクラーレン27.7403.179
777バルテリ・ボッタスアルファロメオ28.1230.383
820ケビン・マグヌッセンハース30.7122.579
93フェルナンド・アロンソアルピーヌ32.2781.566
1047ミック・シューマッハハース33.7731.495
1163ジョージ・ラッセルメルセデス36.2842.511
1222角田裕毅アルファタウリ382982.014
135セバスチャン・ベッテルアストンマーティン40.1771,879
1444ルイス・ハミルトンメルセデス41.4591.282
1518ランス・ストロールアストンマーティン42.1901.251
1631エステバン・オコンアルピーヌ43.5170.607
1710ピエール・ガスリーアルファタウリ43.7940.277
1823アレクサンダー・アルボンウィリアムズ48.87150.77
196ニコラス・ラティフィウィリアムズ52.0173.146
2024周冠宇アルファロメオ  

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング) F1 エミリア・ロマーニャGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果 / F1エミリア・ロマーニャGP