F1 カナダGP
2019年のF1世界選手権 第7戦 カナダGPのフリー走行3回目が6月8日(土)にモントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップタイムを記録した。

土曜日の天候は晴れ。現地時間11時、気温18.6℃、路面温度36.7℃のドライコンディションで60分間のFP3セッションはスタート。マクラーレンのランド・ノリスを先頭にコースインする。

各チームとも動きは遅く、インスタレーションラップを完了した後はガレージに待機するチームが多く、開始15分でジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは静けさが包み込む。

30分が経過したところで、ランス・ストロール(レーシングポイント)がマシンから炎を上げてガレージに戻ってくる。今大会でメルセデスの“フェーズ2”エンジンを投入しているレーシングポイントだが、ストロールはタイムを記録することができずに1周のインスタレーションラップのみでセッションを終えることになった。

各チーム、ロングランプログラムを消化した後、予選を見据えたショートランへ移行。

フリー走行3回目のトップタイムは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが記録した1分10秒843。2番手にも0.139秒差でチームメイトのシャルル・ルクレールが続き、フェラーリが1-2体制で予選前のセッションを終えた。

3番手は0.393秒差でルイス・ハミルトン、4番手にバルテリ・ボッタスとメルセデス勢が不気味にフェラーリにやや遅れをとっている。

5番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。15周を走行してトップから0.99秒差の1分11秒842。チームメイトから0.072秒差でピエール・ガズリーが6番手に続き、3強チームがトップ3に出揃った。

ベスト・オブ・ザ・レストの7番手タイムはダニエル・リカルド(ルノー)、約コンマ1秒差でランド・ノリス(マクラーレン)、さらに僅差でセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が続き、ミッドフィールドは再び混戦模様が予想される。

トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトが23周を走行して10番手タイムとなる1分12秒298。チームメイトのアレクサンダー・アルボンは14番手タイムとなる1分12秒423と前日からややパフォーマンスが上がってきていない。

F1カナダGP 予選は、このあと27時(現地時間14時)から行われる。

2019年 第7戦 F1カナダGP フリー走行3回目

順位NoドライバーチームベストタイムGAP周回
15セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分10秒843 19
216シャルル・ルクレールフェラーリ1分10秒9820.13917
344ルイス・ハミルトンメルセデス1分11秒2360.39320
477バルテリ・ボッタスメルセデス1分11秒5310.68819
533マックス・フェルスタッペンレッドブル1分11秒8420.99915
610ピエール・ガスリーレッドブル1分11秒9141.07119
73ダニエル・リカルドルノー1分12秒0451.20216
84ランド・ノリスマクラーレン1分12秒1541.31117
911セルジオ・ペレスレーシングポイント1分12秒1751.33217
1026ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1分12秒2981.45523
1127ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分12秒3051.46217
1220ケビン・マグヌッセンハース1分12秒3371.49417
1355カルロス・サインツマクラーレン1分12秒3991.55621
1423アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1分12秒4231.58020
1599アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分12秒6271.78424
167キミ・ライコネンアルファロメオ1分12秒7081.86519
178ロマン・グロージャンハース1分13秒1972.35411
1863ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分13秒9663.12317
1988ロバート・クビサウィリアムズ1分14秒4263.58324
2018ランス・ストロールレーシングポイント  1


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1カナダGP