F1レース結果の2011年10月のF1情報を一覧表示します。

F1 インドGP 決勝:ドライバーコメント

2011年10月31日
F1 インドGP 決勝
2011 FORMULA 1 AIRTEL GRAND PRIX OF INDIA

F1インドGP:セバスチャン・ベッテルが今季11勝目

2011年10月30日
F1インドGP 決勝
F1インドGPの決勝レースが30日(日)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

初のF1インドGPを制したのはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。ポールポジションからスタートして後続を引き離すいつもの展開でレースを支配し、今季11勝目を挙げた。

2位にはジェンソン・バトン(マクラーレン)、3位にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

F1 インドGP 予選:ドライバーコメント

2011年10月30日
F1 インドGP 予選
2011 FORMULA 1 AIRTEL GRAND PRIX OF INDIA

F1インドGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2011年10月29日
F1インドGP 予選
F1インドGPの予選が29日(土)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

F1インドGP初のポールポジションを獲得したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。1分24秒178というタイムを記録した。シーズン13回のポールポジション獲得は歴代2位タイ。2番手にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)が続いた。ハミルトンは決勝レースでの3グリッド降格が決定している。

F1インドGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2011年10月29日
F1インドGP フリー走行3回目
F1インドGP フリー走行3回目が29日(土)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にはジェンソン・バトン(マクラーレン)、3番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)が続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は、13番手タイムで午前中のセッションを終えた。

F1インドGP フリー走行2回目:フェリペ・マッサがトップタイム

2011年10月28日
F1インドGP フリー走行2回目
F1インドGP フリー走行2回目が28日(金)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのはフェリペ・マッサ。3番手にもフェルナンド・アロンソが入り、フェラーリ勢がまずまずの仕上がりを見せた。2番手タイムはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が記録した。

F1インドGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2011年10月28日
F1インドGP フリー走行1回目
2011年 F1第17戦 インドGPのフリー走行1回目が28日(金)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

今年が初開催となるF1インドGP。新設されたブッダ・インターナショナル・サーキットは埃っぽさが目立ったが、サーキットの習得もあり、各ドライバーが積極的に周回を重ねていった。

F1 韓国GP 決勝:ドライバーコメント

2011年10月16日
F1 韓国GP 決勝
2011 FORMULA 1 KOREAN GRAND PRIX

F1韓国GP:セバスチャン・ベッテルが今季10勝目

2011年10月16日
F1 韓国GP 結果
F1韓国GPの決勝レースが16日(日)、韓国インターナショナル・サーキットで行われた。

金曜日の雨により、タイヤ戦略に注目が集まったF1韓国GP。急激なデグラデーションも予想されていたが、多くのマシンが2ストップ戦略を採用した。

優勝は、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。オープニングラップで首位に躍り出たセバスチャン・ベッテルは、後続を引き離すいつもの展開。そのままトップでチェッカーを受け、今シーズン10周目を挙げた。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム