ルノー、2021年から『アルピーヌF1チーム』へのチーム名変更を発表
ルノーは、2021年からアルピーヌF1チームにブランド変更することを発表した。

ルノーは、今年7月に2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが2021年からF1に復帰することを発表。その後、新しいコンコルド協定にサインし、少なくとも2025年までF1にコミットすることを明確にした。

しかし、グループ・ルノーでは抜本的な変改革が行われている。新しいCEOであるルカ・デメオは、主要なブランドである『ルノー』『ダシア』『アルピーヌ』そして『新たなモビリティー』に注力する4部門に分けられることを発表。ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、アルピーヌのビジネスユニットの“クリエーション、オーガナイゼーション、インプリメンテーション”を担当するリーダーに任命された。

ルノーは9月6日(日)、2021年から『アルピーヌF1チーム』として参戦することを発表。また、これまでのルノーの黄色と黒のカラーリングからからフランスのナショナルカラーである赤、白、青に変更することが明らかにされた。

アルピーヌ・ブランドはモータースポーツ全体で有名であり、ル・マン24時間レースとラリーで勝利を収めている。アルピーヌとしてこれまでにF1に登場したことはないが、1977年のルノーのグランプリレースへの最初の進出は、アルピーヌとゴルディーニの競争部門で構成されたチームによるものだった。
エンストンを拠点とするチームが生産する今後のシャーシはアルピーヌとして指定されるが、マシンがヴィリー=シャティヨンで製造されるルノー E-TECHハイブリッドエンジンを搭載。ルノーの名前はF1に残ることになる。

シリル・アブテブールは、チームが表彰台に戻り、新しいカラーリングで勝利することを決意していると語る。

「この変化は、チームとスポーツの軌道における重要な瞬間にもたらされる」とシリル・アビテブールは語った。

「アルピーヌは、他の世界との競争精神とフランスの創造的な俊敏性により、パドックに新しい意味、新しい価値と色をもたらす。これらは、2022年の期限の準備における資産になる」

「新しいレギュレーションと財務の枠組みは、収益の再分配においてより公正なモータースポーツの条件を確立する。ガバナンスはシンプルで進歩的だ」
「予算上限の導入は、コスト競争を終わらせ、サインしたチームがそのスポーツの価値を測定できるようにするものだ。アルピーヌはF1での地位を確立し、勝利に挑むことができる」

グループ・ルノーのCEOを務めるルカ・デメオ「アルピーヌは、強力で活気に満ちた美しいブランドであり、フォロワーに笑顔をもたらす」とコメント。

「フランスの卓越性の象徴であるアルピーヌを世界で最も権威のある自動車分野に紹介することにより、我々はスポーツにおけるメーカーの新たな冒険を続けていく」

「私たちは、熱狂的なファンが作る壮大なカーレースのために、最大の名前とともに夢のブランドをもたらす。また、アルピーヌは、優雅さ、創意工夫、そして大胆さという価値をF1パドックにもたらす」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / アルピーヌ