ルノーF1、ダニエル・リカルドの今季限りでの離脱の可能性を認める
ルノーF1は、2020年のF1世界選手権だけのチームのパフォーマンスだけではダニエル・リカルドを2021年もチームに留まるよう説得することはできないかもしれないとアドバイザーのアラン・プロストは語る。

ダニエル・リカルドは、ルノーF1チームとの契約が2020年で失効するが、アラン・プロストはリカルドが契約を延長しないリスクがあると認め、交渉は“すぐ”に開始されると述べた。

「真実を言わなければならない」とアラン・プロストは語った。

「今年について大きな期待はない。ダニエルにとっては残念なことだ。2年目は大きな期待はしていないが、良くなるはずだ」

「2021年に我々ができることに対する彼の認識が増していくだろうし、他チームからのオファーについても現実的になるだろう」

今週初め、フェラーリ移籍の噂について質問されてダニエル・リカルドは、他のチームからの「すべての電話」に答えると語っている。

「我々たちはすべてを手にしているわけではない。それは確かだ」とアラン・プロストは認める。

アラン・プロストのコメントとは多少矛盾しているが、ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドと2021年の契約を結ぶために、ルノーF1チームは2020年に改善する必要があると語る。

「彼が見たいと思う最初のことは、我々が彼にもっと良いマシンを提供できるかどうかだ。もし、我々が今年それを実現することができなければ、なぜ我々は来年にそれができる?」とシリル・アビテブールは語る。

ダニエル・リカルドがチームを離脱することになった場合、シリル・アビテブールはルノーがトップドライバーを引き付けることができなくなるのではないかと心配している。

「ある時点で、我々が良いチームになることを期待している以上のドライバーが必要にある。また、現在のようなラインナップを維持するために、良いチームにならなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ダニエル・リカルド