ルノーF1チーム
ルノーF1チームは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが6位、ニコ・ヒュルケンベルグが15位でレースを終えた。

シリル・アビテブール(チーム代表)
「我々にあまり適していないトラックでのあまり最適ではないスターティングポジションを踏まえ、我々は再び大胆な戦略をとらなければならなかった。以前のレースとはまったく対照的に今回はそれが成果を挙げなかった」

「ミディアムタイヤでの困難なスタートの後、両方のドライバーがソフトタイヤのマシンにやられてしまった。マグヌセッセンとの接触とそれに続くペナルティは、事実上ダニエルをレースから締め出した。レース序盤にもう少し忍耐が必要だった。それでも最後のポジションを争っているときでさえ彼は回復力を示し、レース終了間際に順位を上げることができた。残念ながら、このようなイベントはライバルの助けにもなった。アブダビでの最終戦はこのような状況に陥ることを避けなければならない」

ダニエル・リカルド(6位)
「序盤の事故の後は『7位なんて絶対無理だ』と言っただろうし、結果には本当に満足している。ケビン(マグヌッセン)との接触は僕の責任だ。ギリギリだったけど、僕が彼を攻めて彼がスピンした。あれがうまくいくこともあるけど、ホイールが当たることもある。あの状況ではレースは終わったと思うものだけど、僕たちは集中して本当に力強いレースをすることができた。セーフティカー後のリスタートは楽しかったし、良かった。あと1レース残っているから、楽しみにしている」

ニコ・ヒュルケンベルグ(15位)
「「今日は何が起きたのは全く分からないけど、とにかくレースで前に出ることができなかった。終盤のセーフティカーとリスタートはちょっと興奮した。バトルをするのは楽しいけど、今日は僕にそのチャンスは回ってこなかった。予選で上位につけてさらに上を目指せる位置にいるかということが重要であるかを示している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1ブラジルGP