ルノーF1チーム:2019年 F1日本GP 決勝レポート
ルノーF1チームは、2019年F1日本GPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが6位、ニコ・ヒュルケンベルグが10位でレースを終えた。

シリル・アビテブール(チーム代表)
「土曜日の走行がなく、日曜日の朝早くからすべてを完璧にこなすことが求められる奇妙な週末だった。残念ながら、我々が経験したのは正反対で、予選では2台とも別々のトラブルを抱えた。後方のスターティンググリッドだったにもかかわらず、決して諦めず、集中し続けた」

「両ドライバーとも久しぶりのクリーンなスタートを切り、序盤のラップを終えてからはノンストップのアクションでダニエルもニコもスタイリッシュなオーバーテイクを何度も披露する素晴らしい走りを見せてくれた。ニコはチームプレーも受け入れ、それがチームにとって最高の結果をもたらしたので、彼には本当に感謝している。2台揃ってポイントを獲得して鈴鹿を出発できことは、毎レースで入賞する実力がありながら、過去数戦にわたって様々なトラブルに見舞われたチームにとって素晴らしいご褒美だ」

ダニエル・リカルド (6位)
「チームは今日のこの結果にふさわしい。最近はポイントを獲得できないレースが続いていたので、少しフラストレーションを感じていたので、今日の7位(レース後、ルクレールのペナルティによって6位に昇格)は素晴らしい結果だ。予選ではマシンのリアに問題があって、スタッフが修理を行った。僕たちがかなり後方だったのはそれが理由だ。レースでは良いペースがあったし、かなりうまく順位を上げることができた。ミディアムタイヤでのスタートは僕たちに有利に働いたし、いくつか楽しいバトルをして順位を上げることができた。良い戦略を実施して、困難を切り抜けて、最後は僕たちにふさわしいかなりしっかりとした7位だった」

ニコ・ヒュルケンベルグ (10位)
「今日はダニエルと僕が二人ともポイントを獲得することができ、チームのためにとても嬉しく思っている。僕たちはずっと戦っていたし、本気でプッシュして、すべてをまとめることができたと思う。午前中の予選があまり良くなかったので素晴らしい挽回ができたと思う。個人的に素晴らしいスタートが切れたし、ターン1で数台を追い抜いて、そこからは良いトラックポジションでプッシュすることができた。それ以降は戦いだった。第2スティント全体でトラフィックにはまっていたし、終盤はみんなのタイヤが駄目になって、熱くてワクワクする戦いになった。本当に楽しかったし、今日の結果には満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1日本GP