F1 ルノーF1チーム カナダGP
ルノーF1チームは、2019年 第7戦 カナダGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが6位、ニコ・ヒュルケンベルグが7位でレースを終えた。

シリル・アビテブール(チームプリンシパル)
「今週末は我々が目標として自分自身に課している青写真とそれを達成できることを証明したに過ぎない。今後のレースでもこれは継続し、そして、ダニエルの6位とニコの7位というこの段階でノーマルなコンディションで達成可能なベストリザルトで獲得できたことでシーズンをリスタートする必要がある」

「ドライバーは週末を通して非の打ちどころがなかった。ダニエルは昨日の予選で非常に素晴らしいラップを見せ、我々に彼と同じくらいの笑顔を与えてくれた。チームの他のメンバーは、シーズン序盤のミスを忘れることなく、完全に自信を取り戻してすべてを完璧にこなしてくれた。我々は非常に集中したままであり、やらなければならない仕事を意識している。今夜からカレンダーで最もチャレンジングなサーキットとして認識されるに相応しいフランスGPに向けて進めていく。目に見えて成果を挙げているエンジン側の最初のアップデートの後、リカバリープランの第2段階に入る」

ダニエル・リカルド(6位)
「全力を尽くしたし、最終結果に満足している。シーズン初のチームのダブル入賞だし、6位と7位は素晴らしい結果だ。これ以上は求まられない。今週末は間違いなくポジティブな兆候だ。現段階ではトップチーム勢が優れていることはわかっているけど、それでも数周にわたってのバルテリ(ボッタス)とのバトルはとても楽しかった。僕たちのアプローチは現実的なものだけど、チームは今週末を誇りに思うべきだ。彼らは今、プッシュするための意欲と決意に満ち溢れているし、それは本当に励みになる」

ニコ・ヒュルケンベルグ(7位)
「今日は満足できる結果だったと思う。本当に良いチームリザルトだ。レースを通して強力なペースがあったし、ソフトを良い状態に保ち、最後はよりフレッシュなタイヤがあった。クルマのオーバーヒートを収めるために少しバックオフしなければならなかったし、そこからは堅実なチームリザルトを出すことにした。僕たちは笑顔でここを離れることができる。この3~4週間は様々な理由で妥協を強いられていたけど、今日はクルマのポテンシャルをフルに発揮できた。エンストンとヴィリーのチームのハードーワークに素晴らしい形で報いることができた。今後もこの勢いを保ち続けなければならない」

関連:F1カナダGP 結果 | トップのベッテルにペナルティでハミルトンが優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | F1カナダGP