F1
2019年のF1世界選手権 第7戦 カナダGPの決勝が6月9日(日)にモントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われた。

トップでチェッカーを受けたのはポールポジションからレースをリードしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だったが5秒加算ペナルティによって2位に降格。結果、ルイス・ハミルトンが今季5勝目を挙げ、メルセデスが開幕戦からの連勝を7に伸ばした。

ピレリは、今回のF1モナコGPにC3(ハード/ホワイト)、C4(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)という最も軟らかいレンジのコンパウンドを持ち込んでおり、決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

トップ10内ではメルセデスとフェラーリがミディアム、それ以外がソフト。マックス・フェルスタッペン、ランス・ストロール、アントニオ・ジョビナッツィ、ケビン・マグヌッセンがハード、それ以外のドライバーはミディアムを選択する。

現地時間14時10分。気温28.6℃、路面温度51.4℃のドライコンディションで70周のレースはフォーメーションラップはスタート。

スタートではポールポジションのセバスチャン・ベッテルがホールショットを奪い、ルイス・ハミルトン、シャルル・ルクールが続く。アレクサンダー・アルボンが他のマシンと接触してフロントウイングを破損。ピットインしてウイングを交換してレースに復帰する。

3周目にカルロス・サインツがハードタイヤに交換してコースに復帰する。

7周目に5番手を走行していたピエール・ガスリーがハードタイヤに交換して13番手コースに復帰する。翌周には4番手を走行していたダニエル・リカルドがハードタイヤに交換して11番手でコースに復帰する。

9周目にランス・ストロールがピットレーン出口付近でストップ。右リアサスペンションを壊れており、右リアのブレーキからは炎が上がっている。

11周目に7番手を走行していたダニール・クビアトがミディアムからハードタイヤに交換して13番手でコースに復帰する。

15周目に4番手を走行していたニコ・ヒュルケンベルグがハードタイヤに交換して7番手でコースに復帰する。ソフトスタート勢がピットインを終える。

トップのセバスチャン・ベッテルは2番手のルイス・ハミルトンに約2秒差をつけている。ニコ・ヒュルケンベルグがアップシフトに問題を抱えているようだ。

26周目にトップを走行していたセバスチャン・ベッテルがハードタイヤに交換して3番手でコースに復帰。

28周目にルイス・ハミルトンがハードタイヤに交換。ベッテルの後ろでコースに復帰する。

29周目にバルテリ・ボッタスがハードタイヤに交換してダニエル・リカルドの後ろの6番手でコースに復帰。

32周目にシャルル・ルクレールがハードタイヤに交換してまだタイヤ交換をしていないマックス・フェルスタッペンの後ろの4番手でコースに復帰する。36周目にルクレールが前に出る。

ダニエル・リカルドとバルテリ・ボッタスが激しい5位争いを展開。39周目にボッタスが前に出る。

ルイス・ハミルトンはセバスチャン・ベッテルのDRS圏内に入っている。48周目にベッテルがターン4でコースオフするもトップを維持する。だが、この行為が審議対象となる。

マックス・フェルスタッペンがミディアムタイヤに交換してニコ・ヒュルケンベルグの1秒後ろの7番手でコースに復帰する。全てのマシンがピットストップを終える。51周目にはヒュルケンベルグを抜いて6番手に浮上する。さらに53周目にはダニエル・リカルドを抜いて5番手に順位を上げる。

セバスチャン・ベッテルに5秒加算ペナルティが科せられる。2番手のルイス・ハミルトンとの差は約2秒。

62周目にアレクサンダー・アルボンがピットでマシンを留めてリタイアを選択する。

68周目。ランス・ストロールとダニール・クビアトがカルロス・サインツを抜いて9位と10位に順位を上げる。4番手のバルテリ・ボッタスがファステストラップ狙いでソフトタイヤに交換する。

セバスチャン・ベッテルがトップでチェッカーを受けるも5秒加算ペナルティによって2位に降格。ルイス・ハミルトンが優勝。スペインGPから3連勝、通算78勝目。メルセデスは開幕からの連勝を7位に伸ばした。3位にはシャルル・ルクレール(フェラーリ)が入り、今季2度目の表彰台を獲得した。

セバスチャン・ベッテルは裁定に不満を露わにしており、2位の位置にマシンを停めず、トップ3インタビューも拒否してガレージに戻る。表彰台セレモニーに戻ってきたベッテルはルイス・ハミルトンのマシンの前にある1位の看板と2位の看板を入れ替えてさらに怒りをあらわにした。

表彰台ではルイス・ハミルトンがセバスチャン・ベッテルを1位の位置に乗せるパフォーマンスをみせ、ベッテルはシャンパンファイトはせず。だが、ハミルトンとの間にわだかまりはないようだ。

ホンダ勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが5位、ピエール・ガスリーが8位。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが10位入賞、アレクサンダー・アルボンはリタイアでレースを終えた。

2019年 第7戦 F1カナダGP 決勝・結果

順位NoドライバーチームGAP
244ルイス・ハミルトンメルセデス 
15セバスチャン・ベッテルフェラーリ3.658
316シャルル・ルクレールフェラーリ4.696
477バルテリ・ボッタスメルセデス51.043
533マックス・フェルスタッペンレッドブル57.655
63ダニエル・リカルドルノー1L
727ニコ・ヒュルケンベルグルノー1L
810ピエール・ガスリーレッドブル1L
918ランス・ストロールレーシングポイント1L
1026ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1L
1155カルロス・サインツマクラーレン1L
1211セルジオ・ペレスレーシングポイント1L
1399アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1L
148ロマン・グロージャンハース1L
157キミ・ライコネンアルファロメオ1L
1663ジョージ・ラッセルウィリアムズ2L
1720ケビン・マグヌッセンハース2L
1888ロバート・クビサウィリアムズ3L
 23アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ 
 4ランド・ノリスマクラーレン 


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1カナダGP