アラン・プロスト
アラン・プロストは、2016年にマクラーレン・ホンダが昨年よりは改善するはずだと語った。

現在、ルノーのアンバサダーを務めるアラン・プロストだが、噂された新生ルノーF1チームでチーム代表的な役割を担うことはなくこれまで通りアンバサダーの役割を継続する。

アラン・プロストは「恐らく、それが一番いいと思う。私が表に出たら成功へのプレッシャーが高まるだけだからね」と Speedweek に述べた。

さらにアラン・プロストはさらに、ルノーが再び成功するまでには時間がかかるだろうとし、「我々は忍耐力を持っている。だが、メディアも同じように忍耐強くできるかな?」とほほ笑みながら La Gazzetta dello Sport に語った。

「少なくとも2〜3年はかかるだろう。2017年にルール変更が行われたら、それがルノーにとっては有利になるかもしれない」

現在、2017年シーズンからの新ルール制定に関する話し合いが行われている。その進展状況について尋ねられたアラン・プロストは「我々には統一的な戦略が必要だ。だが、そうなりそうには見えない」と述べた。

フェルナンド・アロンソとマクラーレン・ホンダについてどう思うかと質問されたアラン・プロストは「今日はマクラーレンの話をする日ではない。今日はルノーのための日だ」と AS に述べた。

「それでも何か言わなければならないのであれば、今年は改善が見られると思うと言っておこう。彼らも昨年のようなシーズンを送るわけにはいかないだろうからね」

「彼らは良くなると思うよ。なぜなら、彼らにはそうするだけの力があり、そうしなくてはならないからだ」

かつてアイルトン・セナとともにマクラーレン・ホンダで活躍したアラン・プロストは「唯一の問題は、どれだけ改善できるかだ」と付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | ホンダF1 | マクラーレン