ルノー
ルノーは、買収したロータスが2016年のドライバーとして契約していたパストール・マルドナドとジョリオン・パーマーを起用すると情報筋が明かした。

ロータスは、2016年シーズンのドライバーとしてパストール・マルドナドとジョリオン・パーマーと契約していたが、その後ルノーがチームを買収。ルノーのCEOを務めるカルロス・ゴーンは、両ドライバーが2016年にレースをしない可能性を示唆していた。

しかし、ルノーの情報筋はその噂を否定したと Turun Sanomat は報道。2016年にパストール・マルドナドとジョリオン・パーマーが2016年のドライバーとして新生ルノーで走るとした。

ドライバーの不確実性は、パストル・マルドナドのシートに年間5000万ドルの資金を供給しているベネズエラの国営石油会社PDVSAのスキャンダルにも関連付けられて報じられていた

Wall Street Journal は今年10月、PDVSAに広範囲の調査が入っていると報道。そして、今週には2人のビジネスマンの贈賄罪、通信詐欺、マネーロンダリングの罪で逮捕されている。

PDVSAの広報担当はコメントを拒否している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | ロータス