ロータス
ロータス・ルノーGPは、2012年からシャシー名に「ロータス」の名称を採用することを正式に発表した。

先週、F1委員会でロータス・ルノーGPを含む3チームの名称変更が承認されていたが、本日FIAは正式に名称変更を発表した。

2012年以降、現ロータス・ルノーGPは、コンストラクターズ選手権のリストに「ロータス」として掲載されることになる。

ロータスの名称を巡っては、現在「チーム・ロータス」という名称で参戦するトニー・フェルナンデスのチームと、グループ・ロータスがスポンサードする旧ルノーF1である「ロータス・ルノーGP」の間で長期にわたって争われてきた。

トニー・フェルナンデスの現チーム・ロータスは、2012年からケータハムの名称を採用する。

エリック・ブーリエ (ロータス・ルノーGP チーム代表)
「シャシー名称変更が承認されたことを非常に嬉しく思っている。我々は、スポーツのために、いかなる曖昧さも取り除くことが重要だと常々言ってきた。グリッド上で明確に定義されたチームが並ぶことも重要であり、今日の発表はそれを確実な方向へと進めてくれるものだ。エンストにとってもうひとつの章の始まりだが、完全に新し始まりではない。チームの歴史と経験はこのチャレンジに管理された素早いプロセスで応じることを可能としてくれる。2012年を本当に楽しみにしている」

関連:FIA、3チームの名称変更を承認

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー