レッドブルF1代表 「過去40年で最大のレギュレーション変更を乗り切った」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、“過去40年で最大”のレギュレーション変更に対して開発が遅れていたことを考えると、2022年の成功は想像できなかったと振り返る。

マックス・フェルスタッペンは、残り4レースを残して2年連続でF1ワールドチャンピオンを獲得し、1シーズンで15勝という新記録を樹立。チームメイトのセルジオ・ペレスも2勝を挙げてランキング3位となり、レッドブル・レーシングは2013年以来となるコンストラクターズタイトルを獲得した。

シーズン序盤はフェラーリがレッドブルと接戦を繰り広げたが、レッドブルはシーズン後半にパフォーマンスを大幅に向上させ、最後の11レースで勝利を逃したのは1レースだけであり、17勝と759ポイントというF1新記録で1年を締めくくった。

レッドブルの成功は、2021年のチャンピオンシップでメルセデスとの激しい戦いの中で、2022年のRB18への開発への集中をギリギリまで遅らせたにも関わらずもたらされた。

「チームとして、我々はこれらのレギュレーションを正しく行うことができたと思う」とレッドブルF1 チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは2022年シーズンを振り返りながら語った。

「昨年起こったこと、我々が新しいレギュレーションに移行した最後のチームだったことを考えると、我々のチームはこのような競争力のある車を生み出すために素晴らしい仕事をしたと思う」

「過去40年間で最大のレギュレーション変更で我々は本当に後手に回ったとので、シーズン序盤には、誰も今年コース内外で起こったことを想像できなかったと思う」

レッドブル・レーシングの2022年の成功は、2021年に予算上限に違反したことでチームが罰金とスポーツペナルティに直面したことや、ブラジルでのチームオーダーをめぐる内部の緊張を処理したことなど、今年後半にコース外の論争が起こった中で実現しました。

また、レッドブル・レーシングは、開幕戦バーレーンGPでの開幕戦でのダブルリタイアを含む、最初の3レースで3台の車のDNFに苦しんだシーズンの困難なスタートから回復する必要があった。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルの「素晴らしいチームの努力」が、「特に今年の厳しいスタートの後」の成功に貢献したことを称賛した。

「あのように好転するなんて、想像もしていなかった。チームの誰もがそうだった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、このチームの一員であることは本当に楽しかっただ。とても楽しい。もちろん、僕たちはパフォーマンスに集中しているけおd、その瞬間を本当に楽しみ、その瞬間に感謝することも必要だ。僕たちは間違いなくそれを行ったと思う」

「楽しむつもりだけど、すでに来年にも焦点を当てている。常にもっとうまくやろうと言っている。今年よりも良い結果を出すのは難しいことはわかっているけど、常にそれを目指して努力する必要がある」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル