レッドブルF1代表 「アメリカ人ドライバーは長期的にみれば興味深い」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、アメリカ人ドライバーを起用することはチームにとって長期的にみれば選択肢になる可能性があると語る。

レッドブルの姉妹チームであるアルファタウリは、2023年のF1シーズンに向けてコルトン・ハータ獲得の動きと強く結びついている。来年のグリッドにコルトン・ハータが並ぶためには、FIA(国際自動車連盟)から免除を受けてF1スーパー ライセンスを取得するかどうかにかかっていると考えられている。

ここ数年、アメリカでF1への関心が高まっており、2023年シーズンはマイアミ、オースティン、ラスベガスで 3つのレースが開催される予定となっている。

コルトン・ハータについての意見を聞かれたクリスチャン・ホーナーは「彼はエキサイティングな才能だと思う」とコメント。

「彼は若いアメリカ人であり、アメリカで際立った才能を発揮してきた人物なので、彼がF1でどのようにパフォーマンスを発揮するかを見るのは非常に興味深いだろう」

「F1は、現在、アメリカ市場で人気が高まっていることは明らかであり、成功したアメリカ人ドライバーがいることは非常に興味深いことであり、長期的には我々にとって興味深いものになる可能性がある。」

コルトン・ハータがアルファタウリと契約した場合、アルピーヌF1チームへの移籍が噂されているピエール・ガスリーの後任となる可能性が高い。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルはピエール・ガスリーと2023年の契約を結んでいると主張したが、彼をリリースする可能性は否定していない。

「我々は既存のドライバーと契約を結んでいる」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「アルファタウリとトロ・ロッソは、セバスチャン、マックス、ダニエルのいずれであっても、何年にもわたって我々が利用できる素晴らしい安定したドライバーを生み出してきた」

「ピエールはアルファタウリで良い仕事をしているので、興味深いオプションが利用可能でなければ、変更したいという欲求はないと思う」

レッドブルは、ジュニアプログラムで現在F3の2シーズン目に参戦しているアメリカ人のジャック・クロフォードと契約している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / コルトン・ハータ