レッドブルF1代表 「トト・ヴォルフがヘッドフォンを壊したら心理戦は成功」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフとの関係について語った。

昨年のレッドブルとメルセデスのライバル関係はコース外にも流出し、クリスチャン・ホーナーとトト・ヴォルフは、シーズンを通じてメディアのとげとげしい言葉を頻繁にぶつけあった。

「決して個人的なものではなかった!」とクリスチャン・ホーナーはヴォルフに敬意を表していると主張したが、何年にもわたるF1支配の後、初めて真のタイトル争いを繰り広げたメルセデスF1のボスを「困らせることができた」とSky Sports F1のインタビューで語った。

「トトはトトだ。彼はメルセデスで驚異的な仕事をしてきた。明らかに、彼は私とは非常に異なるバックグラウンドからスポーツに参入した。彼は非常に経済的なバックグラウンドを持っている」

「そして、困らせるは非常に簡単で、それを見ることができる。時にはそれが彼に影響を与えることもある。昨年の競争はとても激しいものであり、もちろん彼がそれに参加したのは初めてだった。その状況で、人々がどのように反応するかを見るのは常に興味深いことだ」

「彼らがヘッドフォンなどを壊しているとき、彼らに困らせることができていることがわかる」

自分がトト・ヴォルフよりも優れたチームボスだと思うかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「それは私が判断することではない…」と答えた。

「私は自分がしていることに集中している。裁判官であり陪審員なのは皆さんだ。スカイに判断されることもあるが、それは私のためではない…私は自分がしていることに集中しており、彼は彼がしていることに集中している」

また、クリスチャン・ホーナーは、彼や彼のスタイルに対する世間の認識が彼に影響を与えたことがないことについても説明した。

「気になるなら、その仕事をするべきではない」とクリスチャン・ホーナーは語り、かつてサッカーのイングランドプレミアリーグでマンチェクター・ユナイテッドを率いていたアレックス・ファーガソン監督を例に挙げた。

「サー・アレックス・ファーガソンのような人物を見れば、彼が他の監督や人々がこのスポーツで彼についてどのように考えているかについて心配したことはなかったと思う」

「私の仕事は、チームと私が代表する人々のためにベストを尽くすことだ。私の優先事項と特権は、私が代表する人々のためにベストを尽くすことだ」

「それがプロモーターであろうと、FIAであろうと、適切な株主やスポンサーを獲得していようと、メディアであろうと、我々は自分たちが持っているツールを使ってできる限りのことをしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス