レッドブルF1首脳、ホンダの支援延長に満足「考えを変えてくれてよかった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダがF1パワーユニットに関する支援を延長してくれたことを非常に満足していると語った。

2021年でF1から撤退したホンダは、2023年以降、F1パワーユニットをレッドブル・パワートレインズに引き継ぐ予定となっていたが、現在、その決定は取り消されている。その結果、ポルシェがF1参戦する前年の2025年まで舞台裏でF1エンジンの責任を負うことになった。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ホンダの考えに変化があったことを喜んでいる。

当初の計画では、レッドブルは2023年以降、F1エンジン自体を独自で運用する必要があったが、スペアパーツの入手という追加の問題があった。スペアパーツのサプライヤーは主に日本にある。

ヘルムート・マルコは、そのような運用は実用的ではなかったと認識しており、技術的、ロジスティック的、また、言語の面でもチームにとって実際の問題になるだろうと述べた。今回の支援延長により、ホンダはすべての手配を継続し、レッドブルに完全なF1パワーユニットを供給する。

また、ヘルムート・マルコは、それが2026年のレッドブルのニューカマーとしてのステータスにとって重要であると説明。レッドブルは2026年からほぼ確実にポルシェとチームを組むと考えられている。それまではホンダと舞台裏で仕事をする。

その結果、レッドブルは、メルセデス、フェラーリ、アルピーヌと比較して譲歩される。たとえば、F1エンジンは箱に入って届くが、何か問題があれば、ホンダの人だけが作業できる。

一方、レッドブル・パワートレインズは、2026年までF1エンジンを管理するためにセットアップされた。そして、ホンダがF1エンジンに取り組み続けることになった今、その存在に疑問が生じている。それまでエンジン部門のスタッフは何をするのか?

ヘルムート・マルコによると、レッドブル・パワートレインズには現在約300人の従業員がおり、彼らは全員が2026年のF1エンジンレギュレーションに取り組んでいるという。殻らは、2026年に新しいブランド - ポルシェ - が加わった場合に統合される。

また、新しいパートナーは、レッドブルがすでに持っているすべての施設を使用できるようになり、ヘルムート・マルコによると、それは大きなプラスだ。

そのため、新しい2026年のF1エンジンレギュレーションに可能な限り最善の方法で対応するために多くの準備が行われており、ポルシェはすぐにトップクラスの施設を使用できるようになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1