レッドブルF1代表、フロア変更のためのメルセデスのロビー活動に不快感
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2023年のフロア規制の変更に関して、“特定のチーム=メルセデス”からロビー活動があったと不快感を露わにしている。

F1フランスグランプリの金曜日、レッドブル・レーシングを含めた少なくとも6チームが、2023年シーズンのフロア規制に関してFIA(国際自動車連盟)から提案された変更に反対していると報じられている。

FIAは、パドックの特定のエリアから、F1ドライバーの長期的な健康への懸念を引き起こすバウン寝具問題を解決するように圧力をかけられており、F1カナダグランプリの前に技術指令を発行。8月末のF1ベルギーグランプリから発効される技術指令は、ポーパシングの問題だけでなく、いくつかのチームが採用しているとされるフレキシフロアのトリックを対象としている。

メルセデスF1は変更の最大の推進者だったが、6つのチームがレギュレーションの変更が安全性に関係していることを疑っており、クリスチャン・ホーナーは「特定のチーム」から車を低くすることができるように大きな圧力がかかっていたと述べた。

「技術指令はそこまで問題ではない」とクリスチャン・ホーナーはSky Sports F1に語った。

「問題は、技術指令を彼らが来年のための救済策として見ていることだと思う。我々にとっては無関係な技術指令だ」

「来年に向けてレギュレーションを大幅に変更するためのロビー活動が非常に多くあったと思う。特定のチームが車を低くしてそのコンセプトの恩恵を受けることができる。そして、それを行うのはシーズンの非常に遅い時期だ」

「会長(モハメド・ビン・スライイエム)は正しいことをしていると思う。彼はすべての情報を照合している。基本的なレギュレーションの変更には遅すぎるため、賢明な解決策が見つかることを願っている」

クリスチャン・ホーナーは、全員が現在のレギュレーションを通過している場合、夏休みの後にFIAがレギュレーションを変更することがなぜ悪いことなのかを強調した。

「車高を高くする。簡単なことだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「我々はシーズンを通して問題を抱えていなかった。大きな問題を抱えているチームは1つだけだ」

「このスポーツには世界で最も才能のあるエンジニアが何人かいる。来年戻ってきたら、おそらく問題のある車はないだろう」

「ここ数レースは大丈夫そうだし、ここでも大丈夫そうだ。したがって、やりたくないのは、来年の車に根本的な影響を与える可能性のある過剰反応にひざまずくことだと思う」

「技術指令が発効され、哲学と床の高さと車の喉を完全に変えることを目指していたレギュレーションがある」

クリスチャン・ホーナーは、チームが、レッドブルや他の車に問題を見つけた場合、FIAでそれを提起するために必要な措置を講じるべきだと述べた。

「今シーズンは問題ない。チームが他の誰かの車に問題を見つけた場合、彼らはそれに抗議する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル